成都市の中心に2013年に完成する香港系のIFCモールです。5年前の2008年時点での土地の取得価格だけでも、坪500万(日本円)というバブルな価格です

写真拡大

お金儲けの神様「邱永漢」人生最後の弟子で、2005年より中国四川省成都に在住、日本生まれの韓国人。グループ会社3社の社長兼取締役が、中国・成都からレポートを届けます。

成都で増え続ける商業エリア

2011年 40万平米
2012年 40万平米
2013年 90万平米

 これは、成都でこの数年“新規”で増えた商業エリアの営業面積です。この結果、2013年末には商業エリアの累積面積が350万平米となります。これは、大阪の中心地の合計商業エリア面積50万平米の7倍に当たります。

 成都の人口も大阪商業圏の人口も同じように約1300万人ですから、一人当たりの商業エリア数が大阪の7倍になります。ちなみに、結果として一人当たり商業エリア面積では、成都は中国全体でもトップになります。

 これが私の、「成都は大阪の7倍楽しい」の根拠です。

 もちろん、この「楽しい」には、諸手を挙げての喜びの意味はこもっておりません。むしろオカシナ現象として警告の意味を込めています。

 中国は今、全国各地で建設ラッシュの後半を迎えています。みなさんご存知のとおり、それはここ数年で始まったことではありませんし、とりわけ成都のような一見片田舎の街で、外国人からすると羨ましくなるような建設ラッシュが起きているわけです。

 しかしこれは、中国経済の発展構造の一端と根の深い関係を持っている、表面からではわかりづらい現象なのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)