<FedexCupポイントランキング>
 「WGC-アクセンチュア・マッチプレー選手権」終了時点でのFedexCupポイントランキングが発表された。大きく順位を上げたのは、「WGC-アクセンチュア・マッチプレー選手権」に勝利し、自身初のWGCタイトルを獲得したマット・クーチャー(米国)。前週の21位から一気に2位にジャンプアップしている。
 その他、大きく順位を上げたのは決勝でクーチャーに敗れたハンター・メイハン(米国)。前週の18位から4位まで浮上している。また、3位決定戦に勝利したジェイソン・デイ(オーストラリア)が前週39位から16位に、デイに敗れたイアン・ポールター(イングランド)も99位から32位にそれぞれ順位を上げている。
 前週オープンウィークとなった石川遼は、前週の178位から185位にランクを落としている。

【FedexCupポイントランキング】
1位:ブラント・スネデカー(1,282pt)
2位:マット・クーチャー(811pt)
3位:フィル・ミケルソン(604pt)
4位:ハンター・メイハン(600pt)
5位:ブライアン・ゲイ(582pt)
6位:ジョン・メリック(565pt)
7位:ラッセル・ヘンリー(562pt)
8位:チャールズ・ハウエルIII(554pt)
9位:ダスティン・ジョンソン(539pt)
10位:タイガー・ウッズ(523pt)
16位:ジェイソン・デイ(380pt)
32位:イアン・ポールター(218pt)
185位T:石川遼(7pt)他2名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】クーチャー勝利!メイハン敗北の「Why」を紐解く
決勝はクーチャー対メイハン!勝利したのは
藍、シャッター音に流れを断ち切られる…21位Tでフィニッシュ
【関連リンク】
最新クラブの試打レポートはこちらから
AKB山内鈴蘭の写真館