東京都・銀座ソニービルでホワイトデーに白いカラーをプレゼント

写真拡大

東京都・銀座 ソニービルは、3月1日〜14日の期間、3月14日のホワイトデーに向けて、「『Ginza Flower Letters』第8便 ソニービルがお届けする季節の花だより〜ホワイトデーはカラーを贈る日〜」を開催。

会場では、300本の白い“カラー”の花を展示する。

「Ginza Flower Letters(ギンザフラワーレターズ)」は、それぞれの季節を代表する花卉(かき)を展示するイベントで、2011年5月から実施している。

バレンタインには、男性から女性へ花を贈る習慣を応援する「フラワーバレンタイン」のイベントをソニービルにて開催した。

第8便となる今回はホワイトデーにちなみ、千葉県、愛知県、熊本県から300本の白いカラーを取り寄せ、1Fエントランスホールで展示する。

花の名の「カラー」の語源は、ギリシャ語の「Kallos カロス(美)」からきており、「美」を象徴する花として知られているという。

イベント期間中には、日時限定で来館者にカラーの切り花をプレゼントする。

「Ginza Flower Letters」第8便は、3月1日〜14日の11時〜19時に開催。

カラーの切り花のプレゼントは、3月1日の13時・15時に各回先着150名に1階エントランスホールにて実施する。

3月14日は12時から男性先着100名に、1階エントランスホールにて配布する。

また、3月1日の13時30分から、ソニービルを起点に歌舞伎座周辺までカラーを手にフラワーウォークを実施。

途中、すずらん通りにて50本を配布する。

さらに3階の「THE KISS Anniversary GINZA SALON」では、3月9日・10日の11時〜19時まで、ホワイトデー限定商品の購入者にカラーの切り花をプレゼントする。