NTTドコモ、一般クリエイター作品のマーケットサービス始動

写真拡大

 エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)が、一般のクリエイターが創作した様々なジャンルの作品を売買できるサービス「dクリエイターズ」を5月から提供する。出品および作品の閲覧・購入は、全キャリアのスマートフォン・タブレットとパソコンから可能。2010年からドコモは、小説やコミック、エッセイ、イラスト、写真などを自由に投稿・閲覧するUGC(User Generated Content)メディア「E★エブリスタ」を提供しており、今回は出品作品の対象ジャンルを拡大する。

ドコモの一般クリエイター向け新サービスの画像を拡大

 「dクリエイターズ」は、一般のクリエイターが創作したファッションアイテムやインテリア・家具、アート、ステーショナリー、スマートフォンケースなどのハンドメイド作品を出品・購入するためのマーケットサイトと、クリエイターが創作した小説やコミックなどのデジタルコンテンツを発表・閲覧するためのUGCメディアを一つのサービスにまとめた日本最大級の総合UGCプラットフォーム。「E★エブリスタ」で培ったノウハウを活かし、人口1000万人(社団法人日本ホビー協会調べ)といわれる一般クリエイターに着目してハンドメイド作品まで対象を広げ、様々なジャンルの一般クリエイターが活動できる場を提供する。

 出品(クリエイター)は、月額315円の「販売クリエイター登録」をすることで出品が可能。閲覧・購入者には、作品に対するメッセージ・コメントの投稿や"お気に入り作品"を集めた「キュレーションリスト」の作成・公開を行う機能を設ける。また「dクリエイターズ」では参加クリエイターに対し、有名クリエイターによるセミナー・ワークショップの開催や、将来的には、企業とのコラボレーションを通じたメジャー化への仕組みづくりを提供していく。なお現在、「dクリエイターズ」開設に先駆けて、参加クリエイターの事前登録を受付中。

■「dクリエイターズ」特設サイト
 http://nem.docomo-de.net/

※販売登録料は、2014年3月末まで無料(予定)
※売買成立時に、別途「販売手数料」および「決済手数料」が必要
※閲覧のみの場合は会員登録不要