『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』などで、個人の資産運用に革命的な示唆を与えプライベートバンクの実情にも詳しい、作家・橘玲氏と『外資系金融の終わり』がベストセラーになっている、藤沢数希氏との初めての対談が実現。金融業界の裏側をセキララに語り合った内容を4回にわたって掲載する。外資系金融の実情を語った第1回、第2回に続き、第3回は、外資系金融の待遇とと日本の解雇規制について。

[参考記事]

●「金融幻想の終わり」を語る!(1)それでも外資系金融は終わらない!?
●「金融幻想の終わり」を語る!(2)日本の金融ビジネスの現場

--------------------------------------------------------


橘玲(以下、橘) そろそろ独立を考えてらっしゃると聞いたのですが、それは「サラリーマンはもういいや」という気持ちになられたからですか?

藤沢数希(以下、藤沢) まあ、そうですよね。会社って、やっぱり命令系統に組み入れられて、一番下と一番上以外、どこまで行っても中間管理職で、自由もないし、ぶっちゃけクオリティ・オブ・ライフは非常に低いですね。僕は一応バブルが終わる前にトレーダーになったんですが、ちゃんと稼いでボーナスがもらえるポジションになったときに、はじけてしまった。それでも2007年ぐらいはそれなりにボーナスがもらえていたんですが、2008年は自分ではすごく儲けたのに、急にボーナスが減っちゃったんです。

橘 全体のパイが小さくなっちゃったんですね。

藤沢 そうなんです、他部門のとばっちりで。トレーダーって会社との信頼関係、例えば「10億稼いだら少なくとも5000万円はあげるよ」というような“暗黙の了解”が崩れると、途端に仕事が面白くなくなってくるんです。だって、リスクを取って失敗したらクビになるかもしれないのに、成功してもリターンをもらえないんですよ。そうすると、あんまりリスクを取らずに、大人しくしてるのが、いちばん賢明になってしまう。

橘 公務員っぽいですね。

藤沢 公務員よりは全然マシですけどね。クビにはなるけど、給料は全然いい。で、その暗黙の契約が崩れたのが2008年からで、最近ますますその傾向が強まりました。

橘 ボーナスの額はどれくらい減ったんですか。

藤沢 2007年のピークに比べて全体の報酬は6割くらいになってますね。そう考えると、あのバブルの絶頂から給料の総額は4割しか減ってないんですけどね。従業員の人数は2割ぐらい減ってますから、生き残った人の給料は高止まっているとも言えます。2007年の給料が、国内大手企業のエリート社員の5倍くらいがふつうだったのが、それが3倍ぐらいになった感じです。この先も、こんな感じでタラタラいくんじゃないですか。だから、まだまだ何だかんだ言って恵まれてて、この先も会社にしがみついていたいっていう人はすごく多いですよ。

橘 投資銀行の人って、40半ばでどんどん辞めていくイメージがあるんですが。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)