真田幸村の最期、覚書発見で新説

ざっくり言うと

  • 1615年の大坂夏の陣で戦死した真田幸村の最期を記した覚書が見つかった
  • のちの福井藩士・西尾仁左衛門が、相手を幸村と知らないまま討ち取ったと記述
  • これまでは、仁左衛門に首を差し出したという逸話が知られていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング