「お前には飽きたんだよ!」と振られる女性がとるべき行動

写真拡大

男性は女性と比べると、浮気をしやすい傾向にあります。

これには、男性の生まれ持った性質も大きく関わっているのでしょう。

恋愛心理学の研究データから見ても男性は女性よりも「飽きっぽい」とされています。

そこで今回は、飽きっぽい男性との付き合い方をご紹介します。

■飽きっぽい男性は、社交性が高く友人が多い実は、社交性がある男性は要注意です。

明るくて友達も多く、社交性のある男性は恋愛にも慣れている傾向にあります。

慣れているのは良いことかもしれませんが、中には慣れているからこそ「飽きやすい」という男性もいます。

飽きっぽい男とは付き合いたくないという女性は、社交性があまりないような内気な男性を選んだほうがいいかもしれません。

ちなみにここでいう『内気』は、同じ作業が続いてもコツコツと続けていける性質を指します。

例えばプラモデルや模型の組み立てが好きな方などは、比較的そういう性質を持ち合わせていると言えるでしょう。

このような男性は、恋愛においてもすぐに飽きるという悪癖がない人である可能性が高いのです。

■飽きさせないためには、デートの回数を減らすまた、彼を飽きさせない工夫も必要です。

彼氏のことが大好き、毎日でもデートをしたいという女性もいますが、このようなデートを重ねていると彼から飽きられてしまうかもしれません。

だいたい同じようなデートをして、同じお店で食事をして、彼の家かあなたの家に泊まって終わり。

そんなお決まりのデートを繰り返していくことで、彼は確実にあなたに飽きていきます。

効果的なのは、デートの頻度を低くすることです。

また、ダラダラと時間をかけてデートするのではなく、たまには2時間程度でさっとあなたから切り上げます。

物足りなさを相手に感じさせることで、「また会いたい」と思わせるのです。

■飽きさせないためにも、彼の言いなりにならない彼の言うことをおとなしく聞いてあげることは、恋愛を長続きさせる上で大切なコツです。

相手の言うことを聞いているフリをして、相手をコントロールするというわけです。

しかしながら相手の言うことをそのままうのみにして、要求されたことを全部かなえていると「コイツ、俺の言うことなら何でも聞くんだな」と“格下”認定されてしまうかもしれません。

なので、たまには彼のワガママを聞き入れることなく、彼が言うこととは別のことをしてみたりしましょう。

言いなりにならない女になることも恋愛においては重要です。

■飽きっぽい彼には、自分から提案してみる自分自身が飽きないように工夫をするのはもちろんのこと、彼を誘導するのも大切です。

「たまには、いつもと違うお店に行こう」「こういうデートって、したことがなかったからやってみたいんだ」と彼の興味を引くような提案をしてみるのです。

同じようなデートコースばかりでは、飽きるのも早くなります。

そうならないためにも、さまざまな提案を彼にぶつけてみましょう。

毎回「お前には飽きたんだよ!」と言われて振られてしまう。

こういう女性はもしかしたら、彼を愛するがあまりに、付き合ったらすぐに自分の『取扱説明書』を隅から隅まで見せてしまっているのではないでしょうか。

簡単にクリアできるゲームでは、男の人は燃えません。

攻略できない女性でいることが、飽きっぽい男性と交際を長続きさせる秘訣になるでしょう。