柔軟材と同じ香り

写真拡大

カーテン・じゅうたん王国(東京・中央区)は2013年2月22日、ライオンから発売されている衣料用柔軟剤「香りとデオドラントのソフラン」の香りを採用したレースカーテンを発売した。

「微少な香りカプセル」が活躍

レースカーテンの繊維にきわめて微小な香りカプセルを付着させたカーテンは業界初という。

カーテン同士が風で摩擦したときや手で開け閉めした際に、このカプセルが壊れ、芳香剤とはちがった柔軟材ならではの優しい香りが広がる。

10回洗濯しても香りが続くだけでなく、洗濯時に「香りとデオドラントのソフラン アロマソープの香り」を使用することで同じ香りを楽しむことができる。

また、防臭ハーブも配合されている。

サイズは100センチ×176センチで、「ハボン」など4種類のデザインがある。

価格は3800円。