「そうらーめん」と「そばらーめん」

写真拡大

そばの香りがするけど、食感はラーメンという、2つの特徴を組み合わせた麺「そばらーめん」が登場する。永谷園が2013年2月25日、春夏限定で発売する。

細さ1.5ミリの角麺

同社が2007年から扱っている、そうめんとラーメンを合体させた「そうラーメン」に続く第2弾だ。夏場はさっぱりと食べられる乾麺が好まれるが、味のバリエーションが少なく食べ飽きてしまうとの声が消費者からあったため、同社では別の切り口として新感覚の乾麺を提案してきた。

今回発売される「そばらーめん」は、ラーメンに練り合わせるものを試行錯誤する中でできあがった。そば粉、小麦粉にかんすいを加えることで、ラーメンのコシを生み出している。食べやすい1.5ミリの細さに仕上げ、角麺にすることで見た目をそばに近づけた。

4分半ゆでて冷やした後に、添付の「花椒油(かしょうあぶら)」を家庭の麺つゆに合わせたつけだれで食べる。希望小売価格は278円。