海外旅行するなら現金? それともクレジットカード?

写真拡大

初めての海外旅行をきっかけにクレジットカードを作る人も多いはず。

国によっては観光客が現金を大量に持ち歩くのは危険なため、海外旅行でクレジットカードを使っての買い物が常識化しつつあります。

そこで今回は、海外旅行にクレジットカードを持って行くことのメリットとデメリットをご紹介します。

■お金を多く使う旅行だからこそ、クレジットカードを利用お金をなるべく使わない節約の旅なら、クレジットカードはそれほど必要ではありません。

しかしせっかくの海外旅行なのですから、ある程度のぜいたくはしたいもの。

現地でおいしいものを食べたり、大量のおみやげを購入するとなれば、一時的に多額の出費も多くなります。

現地で両替をすると手数料が多くかかる場合もあるため、手続きが簡単なクレジットカードが買い物に大活躍なのです。

■便利だからこそ、盗難紛失に注意そんな便利なカードが現地で盗難にあったり、紛失したとなれば一大事です。

不正利用などの二次被害を防ぐためにも、すぐにカード会社に連絡しましょう。

そうすればカードが使用できなくなり、身に覚えのない請求が来るようなことも避けられます。

現金の場合はなくなってしまうとまず戻ってくることはないですから、すぐに対策をとれるのであれば、クレジットカードのほうが被害は少ないといえます。

■身分と信用の証し「クレジットカード」海外ではホテルのチェックインの際に、クレジットカードの掲示を求められることが多々あります。

これはお客がしっかりとお金を持っていて、宿泊費を払える人物かどうかを確認しているのです。

すでに宿泊費用を支払っている場合でも、現地で何らかのサービス(飲食代や電話代など)を利用すれば別途支払いが生じますので、必ずと言って良いほど掲示が必要になります。

なるべく本人名義のカードを持って行きましょう。

■クレジットカードの海外旅行保険が役に立つ各クレジットカード会社では、海外で安心してカードを使ってもらえるように、海外旅行向けの保険が用意されています。

カードの種類よって内容は異なりますが、病気やけがをした場合、持ち物が盗難にあった場合などに保険金がおりるというものが多いです。

すでにクレジットカードを持っているのなら、保険の詳細を調べておくと良いでしょう。

・三井住友VISAカード 海外旅行傷害保険・MasterCard 海外でのご利用の手引き何かと利用機会の多いクレジットカードは、一枚あるだけでも安心感が増します。

ぜひ便利なクレジットカードを事前に用意して、すてきな旅を楽しんできてください。