未来に残された遊園地が舞台 人気歌い手”灯油”の2ndアルバムがオリコン10位

写真拡大

2月20日にEXIT TUNESよりリリースされた人気歌い手「灯油」の2ndアルバム『トーキョープレジャーグラウンド』が19日付けのオリコンデイリーランキング10位にランクインを果たしている。

先に発売された1stアルバム『トモシビアブラ』は、オリコンデイリー8位という好成績を残した人気歌い手の「灯油」。

今回の2ndアルバムは、未来に取り残された遊園地「トーキョープレジャーグラウンド」を舞台に繰り広げられるコンセプトアルバムとなっている。

投稿動画などでおなじみの人気曲「カミサマネジマキ」や「深海シティアンダーグラウンド」はもちろん、灯油本人による作詞作曲のアルバム表題曲「トーキョープレジャーグラウンド」など全17曲を収録。

さらに今回は、遊園地をコンセプトにした作品ということで、「cosMo@暴走P」や「PolyphonicBranch」、「Nem」や「monaca:factory(10日P)」といった人気ボカロPたちが、アトラクションをテーマにした新曲を多数書き下ろし。

CDジャケットイラストは、人気歌い手でもあり絵師でもある「秋 赤音」が手がけている。

CDの購入特典には、スマートフォンに対応した「秋 赤音」描き下ろしのオリジナルラバーストラップ(全4種+シークレット2種)やオリジナルマウスパッド(全3種)が封入されている(どちらも数量限定)。

そのほか、店頭ではオリジナルポスターもプレゼントするほか、CD同封のアンケートで、オリジナルクリアファイルがもらえる応募者全員プレゼントキャンペーンも展開中。

さらには、初回特典として豪華歌い手(「赤飯」「しゃむおん」など)との「座談会CD」や「トーキョープレジャーグラウンド〜UnpluggedVersion〜+メッセージCD」など、購入店舗ごとのオリジナル特典が各店舗先着順でプレゼントされる。

実施店舗や特典の内容は公式サイトまで。

なお、CD発売を記念して、全国12ケ所で握手&サイン会の開催も予定されている。

(C)EXIT TUNES