相撲協会、10億赤字も「超余裕」

ざっくり言うと

  • 日本相撲協会は、理事会と評議員会を開き12年度(平成24年)の決算を承認した
  • 約10億7000万円の大幅赤字となった
  • 協会が余裕をかましていれるのは、正味財産が365億1000万円も残っているからだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング