声優・本多知恵子さんが49歳の若さで死去『ガンダムZZ』『キテレツ』で活躍

写真拡大

声優の本多知恵子さんが18日、多発性がんのため死去した。

49歳だった。

所属事務所の青二プロダクションの公式サイト上で発表されている。

青二プロダクションは22日付で「弊社所属俳優 本多知恵子が、通院加療中のところ薬石効なく 多発性ガンの為 平成25年2月18日 永眠致しました。

生前、皆様から頂きましたご厚情に心より感謝致します」と掲載。

本多さんのオフィシャルブログは、昨年12月31日を最後に更新が途絶えている状態だった。

本多さんは1983年にテレビアニメ『プラレス3四郎』の素形真知子役でデビュー。

その後『重戦機エルガイム』のファンネリア・アム役、『機動戦士ガンダムZZ』のエルピー・プル役、『機動新世紀ガンダムX』のエニル・エル役、『キテレツ大百科』のみよちゃん役(二代目)、『燃える! お兄さん』の国宝雪絵役、『少女革命ウテナ』の薫梢役、『夏目友人帳』の笹後役など数多くの人気キャラクターを演じていた。