社食で38人がサポウイルス食中毒

ざっくり言うと

  • 給食・清掃会社「大新商事」が厚木市の金属加工会社内で経営する社員食堂
  • 食堂で食事をした男女38人が、下痢や腹痛などの症状を訴えた
  • 患者や調理従事者の便からノロウイルスの仲間のサポウイルスが検出された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング