軽くて疲れにくい、ビジネスにも使えるレザーシューズ - ティンバーランド

写真拡大

米国生まれのアウトドア・ライフスタイルブランド、ティンバーランド ジャパンは、2月に「アースキーパーズ」コレクションより”ストームバック”シリーズを発売する。

”ストームバック”シリーズは、軽量で爽快な履き心地のレザーシューズ。

軽さの秘密は、アウトソールに軽量でクッション性に優れたEVA素材を使用していること。

インソールには、同社独自の疲労軽減システム「アンチ・ファティーグ・テクノロジー」を採用。

衝撃を吸収して、長時間快適な履き心地を保つ。

同シリーズでは自然環境に配慮した素材やリサイクル素材を、積極的に取り入れている。

アッパーには厳しい環境基準をクリアしたタンナリー(皮なめし工場)で生産されたレザーを使用。

シューレースにはオーガニックコットン、ライニングやフットベッドカバーにはリサイクルPET素材を100%使用している。

デザインタイプは「チャッカ」と「ウイングチップ」の2種類。

カラーはネイビー、トープ、ブラウンの3色。

価格は「ストームバック ライト チャッカ」が1万4,700円。

「ストームバック ライト ボーグ オックスフォード」が1万3,650円。

同社オンラインショップでも販売している。