沖まで流されてしまった時の対処法

写真拡大

時間を忘れるほど楽しく海水浴を楽しんでいると、いつの間にか沖まで流されてしまうようなこともあります。

パニックになりがちですが、冷静に対処法を考え行動しましょう。

そこで今回は、沖に流される原因と対処法をご紹介します。

■沖に流される理由は『離岸流』が原因海岸に向かって強い風が吹くと、海水が波となって沖から海岸へ打ち寄せます。

このとき、岸にたまった水が行き場を失い、勢いよく沖に戻ろうとします。

『離岸流』と呼ばれる現象で、これが沖に流されてしまう大きな要因になります。

離岸流が発生しやすいポイントは、近くに人口構造物があるところや、波が海岸に対して直角に入るところ、海岸が外洋に面しているところ、遠浅で海岸線が長いところなどです。

なるべくライフセーバーがいる場所を選んで海水浴を楽しみましょう。

■顔をしっかり出して呼吸を整える浮輪やボートに乗っているときに流されてしまうケースが多いもの。

まずは体制を整え、顔をしっかりと水面に出して呼吸ができるようにします。

その際、浮輪やその他で代わりになるものがあれば利用しましょう。

長く水に身体が漬かっていると体力を奪われてしまうため溺れる危険性があります。

■泳いで岸に戻れそうなら少しずつトライそれほど遠くまで流されていなければ、自力で戻れる可能性は高いです。

まずは岸と平行に泳いで沖向きの流れから抜け出し、その後、岸に向かって泳ぎます。

最初から岸に向かって泳ぐと、沖向きの流れにのってしまって、かえって遠ざかることがあります。

また、泳ぎが苦手な方は無理をせず、流れが安定してから行動しましょう。

■近くに人がいないか確認、いれば助けを求める泳いで戻るのが困難な場合は助けを求めます。

夏の海水浴場などは人も多いため、手を振ったり大きな声を出したりすれば気づいてもらえるでしょう。

しかしあまりに大きな動作をすると浮輪から落ちたり、体力を余計に使ってしまったりすることもありますから注意が必要です。

■友人や家族と一緒に行動する海に遊びに行く場合は、大抵誰か他の人と来ているケースが多いはず。

なるべく一緒に行動して、万が一のことがあっても、お互いがすぐに気づくようにすることが大事です。