カラーはブラックのみ

写真拡大

ソニーは2013年2月21日、高音質とポータビリティーを両立したブルートゥース対応ワイヤレススピーカー「Xシリーズ」から「SRS-BTX500」を発売した。価格はオープンだが、想定実売価格は3万円前後とみられる。

「磁性流体サスペンション構造」採用

中央のサブウーファーと左右前面に2つのサテライトスピーカーを搭載する2.1チャンネルスピーカーで、サブウーファーユニットの低域エネルギーを効果的に共振させる新規開発のパッシブラジエーターや、高剛性繊維強化樹脂を採用したフロントキャビネットにより、「薄型ながらキレの良い存在感のある低域」を再現する。

サテライトスピーカーには独自技術の磁性流体サスペンション構造を採用することで、スピーカーユニットとしての反応速度が向上し、特に中高域の再現性が高まった。

また、NFC(Near Field Communication)によるワンタッチリスニング機能に対応するほか、リチウムイオン内蔵充電池を搭載し、最大約8時間の連続再生が可能だ。

サイズは約幅385×高さ152×奥行き81ミリ(背面スタンド開脚時)で、質量は約2000グラム。