友達から結婚式の招待状が届いたら、独身女子ならついつい「先を越された……」という思いが頭をよぎっちゃうこともありますよね。しかも、学生時代から非モテ女子だと思っていた子が、自分より先にあっさりゴールインしたら!? 素直に彼女の幸せを祝えない自分は大人げないと自覚しつつ、本心を隠して笑顔を作り、「おめでとう!」と言うしかない。そんな女子の本音をリアルに描いた映画が登場です!


「バチェロレッテ —あの子が結婚するなんて!—」
 一流大学を卒業し、常にルックスに気を使っている美人のレーガン(キルスティン・ダンスト)。結婚を夢見ているのに、医大生の彼氏は結婚してくれる気配を見せず、イライラを募らせていたところ、レーガンにさらなる追い打ちが! 学生時代からの友達で、男子から“ブタ顔”と呼ばれていたモテないベッキー(レベル・ウィルソン)が、恋人からプロポーズされたと言うのです。昔からリーダー格のレーガンは、ショックを隠して、ベッキーの結婚式のブライズメイド代表を引き受け、結婚式を仕切ることに。

 ベッキーは、ともに“美女軍団”と呼ばれていた親友のジェナ(リジー・キャプラン)とケイティ(アイラ・フィッシャー)に連絡し、2人もベッキーの結婚式に出席するためにニューヨークにやって来ます。でも、場違いな発言をしたり、結婚前夜パーティーで悪ふざけをしたりしたために、ベッキーを激怒させてしまう3人。その後、愚痴を言い合いながら、お酒を飲んでいたレーガンたちは、ちょっとふざけるつもりで、ベッキーのビッグサイズのウェディングドレスを「2人分ありそう」と、レーガンとケイティの2人で着たところ、ビリッと破けてしまいました。おまけにケイティが鼻血を出し、ドレスには血の染みまで付いてしまいます。


 さすがに反省し、凍りつく3人。結婚式まで残り数時間という絶望的な状況で、レーガンたちはドレスを元通りにして、ベッキーの結婚をお祝いすることはできるのでしょうか……?

 完璧主義で仕切り屋のあまり、他人の面倒ばかり見て、甘えることが苦手なレーガン。クールな皮肉屋だけど、元彼を忘れることができず、恋愛下手のジェナ。寂しがり屋であるがゆえ、真剣交際を望んでいるのに、すぐに体を許して失敗してしまうケイティ。美女軍団の3人はモテ女子だけど欠点も多く、彼女たちの行動を見ていると、「分かる、分かる!」と共感できる女子は多いと思います。


 なんだかんだ言いつつも、友達であるベッキーの結婚を祝いたいと思っているレーガンたち。ダメダメな3人は史上最低な一夜を送りながら、自分自身を見つめ直し、友情や恋愛について学んでいきます。


 美人で頭も良く、彼氏がいるのに結婚できないレーガン。誰と付き合っても、元彼を心から追い出せないジェナ。すごくかわいいのに、自分を安売りしてしまうケイティ。「いるいる、こんな女子!」と、彼女たちを誰か(自分かも!?)に当てはめながら、たくさん笑って、ちょっとウルッとできる「バチェロレッテ —あの子が結婚するなんて!—」は、女子の悩みは世界共通だと実感できるガールズ・ムービーです。

「友達の結婚に動揺する女子の映画」DVD紹介

「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」


 公開時、当連載で紹介した映画がDVDに。30代独身のアニー(クリステン・ウィグ)は、開業した手作りケーキの店がつぶれて、恋人にも逃げられ、お先真っ暗。そんな中、大親友のリリアン(マーヤ・ルドルフ)の結婚が決まり、アニーは動揺を隠せないが、ブライズメイドのまとめ役を頼まれた彼女は、リリアンのために大奮闘することに。だが、トラブルの連続で、アニーの心は折れかける。さらに悪いことに、リリアンと大げんかしてしまったアニーは、彼女との長年の友情の危機に見舞われ……。

2011年/アメリカ/クリステン・ウィグ、マーヤ・ルドルフ
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント/Blu-ray3990円、DVD3360円/発売中
「ベスト・フレンズ・ウェディング」


 ジュリア・ロバーツ、キャメロン・ディアス共演のラブコメディー。料理記者のジュリアン(ロバーツ)は、9年前に同じ大学の学生マイケル(ダーモット・マルロニー)と燃え上がるような恋をしたが、その後、2人は恋人関係を解消して生涯のベスト・フレンドとなることを約束。だが、「お互い28歳になっても未婚だったら、その時は一緒になろう」と言うマイケルの言葉を、ジュリアンは忘れていなかった。ところが、28歳直前にマイケルはジュリアンに電話してきて、恋人のキミー(ディアス)と結婚すると宣言。ジュリアンはマイケルを取り戻そうとするが……。

1997年/アメリカ/ジュリア・ロバーツ、ダーモット・マルロニー
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/DVDコレクターズ・エディション1480円/発売中