男同士で友人と喧嘩やもめごとが起きてしまった。

そんな時、どんな風に問題を解決してきたかというと、「お互いに謝ったりはしなくても、時間が経てば何事もなかったようになっていた」とか「友人が間に入っていなしてくれて、その場をフォローしてくれた」とか、「友人はプライド高いし、男のメンツを大事にするタイプで絶対に謝らないけど、オレはそういうのどうでもいいタイプだから、すぐに『あ、ごめん』と言って無用なもめごとは回避する」とか、そういった状況が多いのではないかと思われます。

それでは、女の子とケンカをしてしまったとき、女の子が怒ってしまったとき、男子としてはどのような対応をするのか。

その点について聞いてみたところ、「女の子のほうが一方的にわーっと言ってくるので、一人になって考えを整理したくて、とりあえずその場は帰った」「逆ギレするか、ふてくされてしまうタイプかもしれない」「こんなに怖い女の子だったんだーと驚きのあまり硬直してしまう」というような対処法をとったり、反応を見せている男子が結構いるのでした。

しかしながら、こうすることによってうまく仲直りができるかのかというと、「自分が悪いくせに、さらに私を置き去りにしていった」とか、「え……何、逆ギレ(ふてくされでもよい)しちゃってるの? 信じらんなーい」とか、「何固まっちゃってるわけ? 言いたいことあるならハッキリ言ってよね」とかいう事態に陥ってしまって、上手に仲直りができたとは言い難いケースが後を絶たないようです。

今日は、女の子ともめてしまったときに、どうすれば素早く上手に仲直りができるのかを考えてみたいと思います。

とはいえ、男子のみなさんが「浮気をした」「暴力をふるった」等、あまりにも大きな問題を引き起こしてしまった場合、仲直りできるかどうかは例外になってしまいます。

ここでは、大抵の場合はキチンと対処すれば許されると思われる原因、「連絡の行き違い」「仕事によるデートのドタキャン」「言わなくてもわかってくれるだろうという彼氏の態度に対する女の子の怒り」というようなトラブルの対処について触れていくことにします。

まず、女の子にケンカをふっかけられ、彼女がとても怒っているときは、その場から逃げずに話を聞いてあげることが大切です。

何を言われても、とにかくただひたすらに嵐が過ぎ去るのを待つ。

女の子には、言いたいことを言いたいだけ言わせてあげる。

そんな姿勢をみせてあげるのが一番です。

「いやー、それはかなりキツいよ」と思う男性は、きっと多いことでしょう。

しかしながら、男性が一人になって落ち着いて物事を考えるのに対して、女の子は誰かと対話をすることで、頭の中を整理して冷静になるという違いがあります。

もし、ケンカの原因が男子の側にあり、どう考えても自分に非があるなぁと思うのでしたら、嵐が通り過ぎるまでひたらす、「うん」「ごめん」「それはオレが悪かったよ」という相づちで対応して、彼女に言いたいことを言い切らせてあげてください。

その際、女の子のほうも「そこまでひどいことを言うか? 」というような発言をしてしまうかもしれません。

ですが、女の子がものすごく感情的になっていて、今はそこを指摘してもかえって火に油を注ぐだけだと思うときは、とにかくひたすらに「そうだよな」「ごめん」を繰り返しておくのが得策です。

モテる男子、女の子に人気があり、自分もそのことを楽しんでいる男子が周囲にいるようでしたら、彼らをよく観察してみてください。

女の子がカッカしているとき、「ホントごめーん」「オレが悪かったよー」「許して、ね、許してくれる? 」「うんうん、そーだよね。