医師ら67.1%が”モンスター患者”に遭遇! 対策として警察OB雇用も

写真拡大

ケアネットは2月12・13日の2日間、同社医師会員1,000人に対し、“モンスターペイシェント”に対する意識調査を実施した。

「モンスターペイシェント」は、医師・看護師などの医療従事者や医療機関に対し、自己中心的で理不尽な要求、果ては暴言・暴力を繰り返す患者やその保護者・家族などを指している。

患者・家族から暴言・暴力、その他“通常の域を超え、診察に著しく影響を及ぼすレベル”の行動・要求・クレームを受けたことがあるか尋ねたところ、全体で7割近くが「経験がある」と回答した。

勤務施設別では診療所の57.4%に比較して、一般病院では70.7%。

頻度は7割以上が「半年に1度」以下だったが、中には「週に2〜3度以上」という医師もいた。

内容として「スタッフの対応へのクレーム」が60.5%と最も高かった。

次に「自分を優先した診察や待ち時間に関する要求・暴言」が47.1%、「不要/過剰な投薬の要求」も37.6%と高かった。

「治療費の不払い」も3割に上っている。

暴力を受けた経験があるとの回答は16.2%、脅迫に関しては27.6%に上った。

そのような患者への最終的な対応として、3割が「以後の診察を拒否した」と回答している。

「転院させた」「担当医を交代した」という回答も多い。

警察への連絡に関しては「出動を要請した」16.4%、「相談した」11.5%となった。

一方、特に対応をとったことがないと回答した割合は2割となっている。

施設内でとられている対策について聞くと、「担当者を決めている」が最も多く約3割に上った。

「対応マニュアル」「事例の共有」を行っている施設も多いようだ。

また、「警察OBを雇用している」の回答は16.2%だった。