下着が生まれ変わる! 不要下着を回収&リサイクルキャンペーン - トリンプ

写真拡大

トリンプ・インターナショナル・ジャパンは3月1日〜5月31日まで、ブラジャー、ガードルなど下着全般(ショーツを除く)を回収し、固形燃料(RPF)にリサイクルするトリンプ「下着リニューアルキャンペーン」を実施する。

同社では2009年より不要なブラジャーを回収するキャンペーンを行っており、開始以来、過去5回で約27万枚の回収した。

回収したブラジャーは固形燃料(RPF)にリサイクルし、環境保全にも貢献している。

さらに2012年には回収アイテムを下着全般(ショーツを除く)に拡大し、福岡エリア限定で試験的に「下着リニューアルキャンペーン」を実施した。

2013年は下着業界初のメーカーを問わず、下着全般(ショーツを除く)を回収するトリンプ「下着リニューアルキャンペーン」を、全国のトリンプ商品取扱店舗(百貨店、量販店、専門店、直営店。

一部店舗を除く)において実施する。

店頭では、中身が見えない特殊な専用回収袋を配布。

1枚に3〜5枚のブラジャーが入る回収袋に下着を入れ、店頭に持参すると50円切手をプレゼント。

この切手50円分は、日本赤十字社へ寄付することもできる。

預かった下着は、同社が責任を持って管理・リサイクル処理を行う。

ひとり何点でも受付可能。

なお、下着を入れる専用の回収袋は、2月21日より対象店舗で配布している。