『刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻』(文藝春秋)

写真拡大

介護作業を経験して優しくなった――刑務所に収監されているホリエモンこと堀江貴文・元社長が、こんなことを語っている。ホリエモンは高齢受刑者を世話する係で、排泄物の処理をしたり、入浴させたりといった仕事をしているという。

刑務所生活を記録した書籍『刑務所なう。シーズン2 前歯が抜けたぜぇ。ワイルドだろぉ?の巻』(文藝春秋)が2013年2月22日、電子書籍と同時発売された。

インプラントの歯が折れ、前歯なくなる

2012年5月に刊行した『刑務所なう。ホリエモンの獄中日記195日』の続編で、スタッフへの手紙を通して発行しているメールマガジンをまとめたほか、前作で好評だった実録漫画を増量した。

収監前は95キロだった体重は65キロになり、30キロの「監獄ダイエット」に成功。酒を飲まない生活で脂肪肝も正常化し、味覚も変化して「きな粉ごはん」や「ぜんざい」が好物になったそうだ。インプラントの歯が折れて前歯がなくなるトラブルに見舞われたが、その笑顔が所内で人気を集めているという。

また、空いた時間は航空力学や気象などの勉強に費やしているほか、1年間に100本以上の映画も観ており、同書には執筆した書評や映画評を掲載した。面会に来たロックバンド・GLAYのTERUさんや漫画家の西原理恵子さんらとの交流の記録も収録されている。

単行本価格は1155円。電子書籍版は849円。