DeNA、auショッピングモール事業を子会社モバオクに分割  EC強化

写真拡大

 DeNA(ディー・エヌ・エー)が、同社のネットショッピング・通販サイト「auショッピングモール」事業を簡易吸収分割により連結子会社モバオクに承継する。これまでDeNAがKDDIと共同で運営してきた「auショッピングモール」だが、今後はEC事業における両社の連携をより強化し、競合との差別化、サービス品質の向上を通じて事業規模の拡大を図る。

DeNA、auショッピングモール事業を分割の画像を拡大

 ショッピングサイト「ビッダーズ」を創業時から運営しているDeNAは、国内モバイルコマース市場の拡大を視野に2006年からKDDIとともに「auショッピングモール」をスタート。2013年1月には「ビッダーズ」のサービス名称を「DeNA ショッピング」に変更し、事業の成長を加速させている。「auショッピングモール事業」の2012年3月期売上高は、26億1,500万円。今回の会社分割により、DeNAとKDDIの合弁会社モバオクはDeNAに対して37億5,000万円を交付する。

■auショッピングモール
 http://m.aumall.jp/