ロックマン25周年で伝統のボスキャラコンテスト再び! ニコニコ静画で募集中

写真拡大

カプコンは、生誕25周年を迎えた人気アクションゲーム『ロックマン』の最新アプリ『ロックマン クロスオーバー』のAndroid版配信を記念して、オリジナルボスキャラクターコンテストの開催を発表した。

『ロックマン』におけるボスキャラクター募集は、当時ファミコンで発売された1988年の『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』から1996年プレイステーションで発売された『ロックマン8 メタルヒーローズ』まで続いた『ロックマン』の代名詞と言える伝統的な企画。

今回のAndroid版配信と生誕25周年を記念して、ボスキャラ募集が約17年ぶりにスタートする。

イラストは『ロックマン』をこよなく愛するニコニコ静画で募集し、最優秀作品は全プレイヤーを苦しめるマスターボスとして、カプコンのデザイナーがゲーム用に仕上げて『ロックマン クロスオーバー』本編に登場するという。

審査には、カプコンのスタッフに加え、ニコニコ静画、ファミ通App、電撃ゲームアプリが特別参加。

最優秀作品以外にも、各審査員が選んだ優秀作はゲーム内にオリジナルバトルメモリーとして実装される。

募集期間は2月21日〜3月20日(水)、3月下旬にノミネート作品50作発表、4月下旬に各賞発表、5月上旬にゲーム内の実装が予定されている。

賞品は最優秀賞(1名)に「入賞者限定オリジナルバトルメモリー」「オリジナルマスターボスのバトルメモリー先行入手権」「オリジナルマスターボスとしてゲーム内への登場権利」、各審査員賞(3名)に「オリジナルバトルメモリーとしての登場権利」「入賞者限定オリジナルバトルメモリー」、佳作(21名)「佳作者限定オリジナルバトルメモリー」がそれぞれにプレゼントされる。

投稿形式は、サイズ自由、形式はJPEG、GIF、PNG形式(最大10MB)で、コンテストタグは「ロックマンボスキャラコンテスト」。

詳細はニコニコ静画の特設サイトまで。

『ロックマン クロスオーバー』は、往年の『ロックマン』シリーズがクロスオーバーする世界が舞台。

Dr.ワイリーやシグマたちの手によって、歴代のロックマンたちが時空の狭間に幽閉されてしまう。

未来の希望はニューヒーロー「OVER-1」に託され、世界中にちらばるさまざまなアーマーやバトルメモリーを集めて「OVER-1」をカスタマイズし、仲間と共に悪の手からクロスオーバーワールドを救うソーシャルRPGとなる。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.