【女性編】買いどきがよくわからないものランキング


飛びついて後で後悔することもしばしば





欲しい物を買った後、安くなっているのを見つけてしまうと結構悔しいですよね。ほとんどの人が、そんな思いを経験しているはず。今回は、買いどきがよくわからないものについて、マイナビニュース会員の女性549名にうかがいました。ランキングの結果は、今後の買い物の参考になるかもしれませんよ。





Q.買いどきがよくわからないものを教えてください(複数回答)

1位 不動産 26.4%

2位 株など金融商品 22.6%

3位 携帯電話・スマートフォン 18.9%

4位 車 14.8%

5位 パソコン 14.0%







■不動産

・「金額が大きいので不安」(24歳/金融・証券/営業職)

・「ローンも難しそうだから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「いつまでも賃貸にするより、買ってしまうほうが良いのはわかるが、はたしていつ手を付ければ良いものか」(24歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)





■株など金融商品

・「日本がどのようになるかわからないから」(26歳/機械・精密機器/技術職)

・「大金を出すものこそ、正しいタイミングの見極めが難しいです」(22歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「老後が不安で、自分の資産形成に興味を持ち出したから」(26歳/生保・損保/専門職)





■携帯電話・スマートフォン

・「次々に新しいものがでるし、モノによっては新しい機能が古い機種では対応できないことがあって、人とのデータの交流などに影響するから、現状のモノが使える内は不要などとあまり無頓着でもいられない」25歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「壊れなければ、かなり使い続けてしまう」(29歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「スマートフォンに変えたいが、価格等考えてなかなか踏み切れない」(24歳/建設・土木/事務系専門職)





■車

・「大きな買い物は、消費税アップ前がいいのかと悩んでしまう」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「車は欲しいけど、でもなくても生活はできるしと思うと、買いどきを逃しそう」(22歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・「いつが買いどきなんだか、高いからよくわからない」(27歳/金融・証券/営業職)





■パソコン

・「パソコンは新型に興味があっても、壊れはしないし、高い買い物だから」(22歳/自動車関連/営業職)

・「何年周期で買えばよいのかよくわからない」(23歳/生保・損保/事務系専門職)

・「時代遅れなのか、まだまだ使えるのか、よくわからない」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)





■番外編:欲しいときが買いどきとも言いますが……

・保険「いつ入ればいいのか悩む」(29歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・下着「いつ捨てようかいつも迷う」(35歳/情報・IT/事務系専門職)

・果物「果物の買いどきはわかんない。とくにパイナップルとか桃とか、柿。いつが食べ頃なんだろう」(26歳/その他)





総評

1位は「不動産」です。女性は不動産選びに慎重というか、興味を持っているという傾向がうかがえます。2位「株など金融商品」も僅差でした。ただ、こちらは逆に、投資に対して慎重なスタンスをとっている意見が目立ちました。





3位「携帯電話・スマートフォン」は、スマートフォンに変えたいが、なかなか踏ん切りがつかないという声がチラホラ。従来型の携帯電話が、まだまだ根強いということがわかりますね。4位「車」は高い買い物であるだけに、慎重という回答が多く寄せられています。車は欲しいけど、必需品ではないので迷うという声がありました。





意外と多かった回答が「冷凍食品」と「生鮮食品」でした。安売りのタイミングに買いに行けるとは限らない、あるいは買ったとしてもうまく使いきれるかわからないという点が、買いどきを難しくしているみたいですね。買いどきを見極めるのは難しいですが、良いタイミングで手に入れたいものです。

(文・OFFICE-SANGA 塩田純一)





調査時期:2012年12月1日〜2012年12月7日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性549名

調査方法:インターネットログイン式アンケート