見かけたら撮りたくなる芸能人、3位に壇蜜、2位に桐谷美玲、1位は?

写真拡大

HTC NIPPONは2月5日〜2月7日にかけて、 20歳〜49歳までの男女を対象にスマートフォンのカメラに関する調査を実施した。

サンプル数は1,000。

まず、写真撮影の頻度について尋ねたところ、10年前と比べて「明らかに増えたと思う」「少し増えたと思う」と回答した人が60.2%。

増えた理由としては、「スマホで思い立った時に撮影できるため」などの声が多く寄せられており、携帯電話やスマートフォンの普及が、写真撮影の増加のきっかけになっているようだ。

次に、スマホカメラに求める性能について聞くと、最も要望が多かったのは「明るく撮れること」(31.4%)だった。

2位は僅差で「手ブレ補正」(29.3%)。

続いて大きく差がつく形で「ピクセル数」(13.1%)となった。

明るさを求める理由としては、「メモ代わりによく撮影するので、文字や数字が明るい方が読みやすい」「室内の撮影が多いから」「食べ物を撮影するため」などの声が寄せられた。

手ブレ補正を求める理由は、「子どもの表情が間に合わない」といったコメントがあり、動きが活発な子どもを撮影する時などに、手ブレ補正は必要なようだ。

もし、街で芸能人を見かけた場合、ぜひ撮影をお願いしたい人について尋ねたところ、総合で1位となったのはマツコ・デラックスさん(16.1%)。

2位は桐谷美玲さん(10.2%)、3位は壇蜜さん(9.2%)だった。