笑屋、同窓会不参加者向けに、「声を使った電報」のサービスを開始

写真拡大

同窓会支援サービス「笑屋の同窓会」を運営している笑屋は、同窓会当日に参加できない人のために、声・画像・文字を組み合わせたメッセージサービス「声電報(仮称)」のトライアルサービスを、2月20日より開始した。

同サービスでは、対応電話番号に電話をしてメッセージを吹き込むため、時間や場所にとらわれずに登録する事ができる。

また、最大10名の声で電報を作成することが可能だ。

利用方法は、写真・声の登録依頼メールと、メッセージ登録先電話番号、および写真送信用メールアドレスが書かれたメールを受信後、写真を送信しメッセージを登録する。

その後、登録したメッセージと写真が入ったDVDが届くとのこと。

詳細は、同サービス案内サイトで見ることができる。