小林武史「クルック」のシェアオフィスが原宿に

写真拡大

 小林武史が率いるkurkku(クルック)がコンセプトプロデュースするシェアオフィス「kurkku home(クルック ホーム)」が、原宿・神宮前にオープンする。トランジットジェネラルオフィスのグループ企業リアルゲイトが運営。クリエイターの育成・交流・発信を主にしたシェアオフィスとして、3月1日に開業する。

クルックによるシェアオフィスがオープンの画像を拡大

 クリエイティブシェアオフィス「kurkku home」は、原宿駅から徒歩15分。1棟3フロア構成のオフィス1階は、入居者は無料で利用できる約100?の「ラウンジ」と、併設されたキッチン付き約93?の「イベントスペース&ギャラリー」からなる共用スペース。ラウンジ内には10名までで利用できるミーティングルームも備えられている。2階と3階には、10?〜38?の個室11室のスモールオフィス・約20名用のフリーデスクを配置。また、小林武史が使用していたスタジオをリニューアルし、入居者専用のオーディオルームとして開放する。オフィスの賃料は共益費・税込で163,800円〜288,750円、フリーデスクは26,250円。

 「kurkku home」は、1月26日に閉店したレストラン「kurkku kitchen(クルック キッチン)」入店のビルを利用。近隣のカフェ「mother kurkku(マザー クルック)」は現在一時閉店しているが、4月1日には「kurkku kitchen」と「mother kurkku」の魅力を組み合わせた新しいコンセプトの店舗としてリニューアルオープンが予定されている。

■ kurkku home(クルックホーム)
URL:http://www.kurkku-home.jp/