<WGC-アクセンチュア・マッチプレー選手権 第1回戦◇21日◇ザ・ゴルフクラブ at ダブマウンテン>
 アメリカにあるザ・ゴルフクラブatダブマウンテンで開幕した「WGC-アクセンチュア・マッチプレー選手権」の第1回戦。日本から唯1人出場している藤田寛之は、2010年の米ツアー賞金王マット・クーチャー(米国)と対戦した。
 藤田は2番でバーディを奪い1アップするも、続く3番ではクーチャーが1アップ。序盤は一進一退の戦いが展開されたが、7番ホールでクーチャーが1アップを奪うと一転、9番から連続3ダウンを喫するなど厳しい展開。結局クーチャーに3&2で敗退、1回戦で姿を消した。
 また世界ランク1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)と世界ランク2位のタイガー・ウッズ(米国)が共に1回戦で姿を消す波乱の展開。同ランク3位のルーク・ドナルド(イングランド)は最終18番までもつれ込む接戦を制し、2回戦へと駒を進めている。
 試合は日没のため、リッキー・ファウラー(米国)、カール・ペターソン(スウェーデン)組とゴンサロ・フェルナンデス・カスタノ(スペイン)、フランチェスコ・モリナリ(イタリア)組がホールアウトできずにサスペンデッドとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コラム】初優勝シーンで起こるデジャヴ
藤田寛之、クーチャーとの対戦に「賞金王対決ですね」
遼、勝負の赤パンツから脱却、今季初の最終日は白の上下でプレー
各ツアー賞金ランキング