トイレの水が出なくなった時の対処法

写真拡大

何らかの原因により、トイレの水が出なくなったり、流れなくなったりすることがあります。

突然のことだと本当にあせりますよね。

そこで今回は、トイレの水が出なくなってしまったときの対処法、原因の確認方法をご紹介します。

■取りあえず流そう用を足した後に水が流れないことに気づくことが大半です。

ひとまずバケツなどに水をくんできて、便器に流し込みましょう。

勢いよく入れると下水の嫌なニオイがのぼってきてしまうのでご注意を。

■レバーは正常に動くかレバーを回しても軽い感じがして、動いている気配がない場合は、レバーのチェーンが外れている可能性があります。

またトイレタンク内に異物があると、浮き球や排水弁の真上にあるゴムフロートが正常に動作せずに水が流れなくなることも。

まずはタンクを開けて状況を確認しましょう。

タンクのフタは陶器製でかなり重いですから、扱いには注意が必要です。

自分で対処しきれない場合は、家族に手伝ってもらうか、友人などの助けを借りると良いでしょう。

■タンク内が正常なら別の理由を考えるレバーを押して取りあえず流れたものの、次の分の水がタンクに入ってこないという場合には、断水、元栓が閉まっている、水道管の凍結などが予想されます。

凍結の場合は無理やり使うと、さらに被害が大きくなる可能性も。

凍結したのがトイレだけなら暖房器具を持ってきてトイレ室内を暖めましょう。

運がよければ回復する可能性があります。

どうしても戻らなそうなら、専門業者に依頼しましょう。

また、マンションなどは一度給水タンクに引き上げて分配するので、停電になると水が出なくなります。

原因が水ではなく電気という可能性もありますのでしっかり確認しましょう。

■温水洗浄便座の場合最近では温水洗浄便座など、電気を使った多機能のトイレが増えています。

この場合は電気が止まってしまうと正常に動作しなくなることがありますので、ブレーカーを確認したり、コンセントが抜けていないか確認したりしましょう。

■タンクレストイレの場合近年増えてきているのが、タンクのないタイプや化粧棚で隠されているタイプのトイレです。

この場合は構造やメーカーによっても対処法が異なりますので、取扱説明書を確認しましょう。

参考サイト TOTO お客さまサポート・トイレのトラブル解決