三井住友銀行、「専用カードローン付住宅ローン」の取扱いを開始

写真拡大

三井住友銀行はこのたび、住宅ローンを借り入れる顧客向けの新商品『専用カードローン付住宅ローン(ライフイベント応援パック)』の取扱いを開始した。

同商品は、住宅ローンを利用している顧客向けの『専用カードローン』を特別金利で提供することで、住宅取得後に起こる出産・教育・リフォームといったさまざまなライフイベントでの資金ニーズに応えることを狙いとしている。

これまでも住宅ローンを借り入れている顧客向けのカードローン金利優遇はあったが、同商品では、特別金利での提供に加え、住宅ローン借り入れ後の来店が難しい顧客のために、『専用カードローン』の申し込み手続きと住宅ローンの契約手続きをパッケージ化してワンストップで提供する。

適用金利は銀行系カードローン最低水準になるという年3.0%から年8.0%(店頭金利比△1.0%から△6.5%)契約時の極度額は一律100万円。

極度額100万円の場合の適用金利は年8.0%(店頭金利比△4.0%から△6.5%)。

極度額はライフイベントにあわせて、最大800万円まで増額可能専用カードローンは、返済用口座のキャッシュカードと兼用で、新たなローン専用カードは発行されない。

また手数料などは一切不要なため、保有に関する顧客の負担はない住宅ローンの契約時に、同時に申し込むことが可能。

申し込み後の来店は、原則不要三井住友銀行では、今後とも顧客のさまざまなライフイベントでの金融ニーズに応え、きめ細かな商品・サービスを提供していくとしている。