春節以降に肺炎患者急増した理由

ざっくり言うと

  • 中国では春節(旧正月)以降、肺炎で入院する患者数が増加している
  • 春節連休中の生活リズムの乱れや過労、有害濃霧などが影響したという
  • 春節期間中の花火、爆竹で汚れた空気も呼吸器系疾患の発症率を高めたとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング