絶対に読めない名字




日本ほど名字(姓)の種類がたくさんある国はないそうです。その種類は「約11万〜13万種類」(約25万-27万種類といった説も)などといわれるそうで、中にはめったにお目にかかれない珍しい「名字」もあります。「これは読めない」という珍しい名字を集めてみました。





●百々米木

読み:どどめき



同じように「百」を使った名字で「百目鬼」(どうめき)というのもあります。



●何

読み:が



長崎県にある名字だそうです。それにしても「何」とは!



●四月朔日

読み:つぼみ



知らなければまず読めませんよね。ちなみに「朔日」は「ついたち」と読みます。「朔」だけでも「ついたち」と読みます。



●十一月二十九日

読み:つめづめ



なぜ「11月29日」なのでしょうか? 何かいわれがあるのでしょうか。



●八月一日

読み:ほづみ



8月1日で「ほづみ」。一説によれば、その日に稲穂の先を摘む行事があるので、そこから……とのことです。



●珍名

読み:ちんな



これで名字なのが驚きですね。



●本名

読み:ほんな



「本名太郎」と書いてあったら、銀行などで見るサンプル表記みたいですね。



●實寶

読み:じっぽう



簡単な表記にすると「実宝」ですね。筆者などバカなので最初見たときは「さいせん」かと思いました。



●色摩

読み:しかま



下の字が「魔」だと大変マズイですね。宮城県の色麻町が由来の名字だそうです。

●角大鳥居

読み:すみお



これは難しいですね。読めません!



●文珠四郎

読み:もんじゅしろう



一見「姓名」のようですが、この「もんじゅしろう」が「名字」です。ちょっとカッコいいですね。「文殊四郎康徳」なんて、戦国大名みたいです。



●四十物谷

読み:あいものや



これなど絶対に読めないでしょう。なんでも全国に12世帯しかないそうです。



●劉

読み:みずき



漢人みたいな姓ですが、れっきとした日本人の名字です。島根県に見られる名字で、渡来人を祖に持つ人々だそうです。



●浮気

読み:うきぎ(うきき)



なんだか誤解されそうな名字です。ちなみに「小浮気」という名字もあって、これは「おぶき」と読むそうです。



●鴨脚

読み:いちょう



鴨の足跡が「イチョウの葉」の形に似ているからだそうです。「トンチ」で名字を決めたみたいですね。ちなみに京都には『鴨脚家庭園』(いちょうけていえん)という庭園があります。



●春夏秋冬

読み:ひととせ



確かに春夏秋冬が終われば「一年」(ひととせ)ですが、これもまるで「トンチ」です。



●東西南北

読み:よもひろ



元は「四方広」(よもひろ)でしょうか? 四方に開けているのが「東西南北」ということなのでしょうか。いずれにせよ、考えオチで読みを付けたみたいですね。



●甲把

読み:かっぱ



「河童」だったら読めるんですが……(笑)。「がっぱ」「こうは」と読む場合もあるようです。



いかがでしょうか。ほかにも「うわっ読めない」と思うような名字がたくさんあります。あなたの周りに変わった名字の人はいませんか?







(高橋モータース@dcp)