<ホンダLPGAタイランド 初日◇21日◇サイアムCC(6,469ヤード・パー72)>
 米国女子ツアー第2戦「ホンダLPGAタイランド」がタイにあるサイアムCCで開幕。この試合が今季初戦となる宮里藍は初日4バーディ・1ボギーの“69”をマーク。この日9アンダーを叩き出し首位に立ったステーシー・ルイス(米国)とは6打差と差をつけられたが、10位タイとまずまずの位置で初日を終えた。
宮里藍の1打速報でこの日の全ショットを振り返る
 宮里は1番パー5で3打目を2メートルにつけバーディ発進。今季初戦の初ホールで最高のスタートを切る。3番ではティショットを左に曲げてしまいピンチを迎えるが、8メートルのマウンド越えのパーパットをねじ込みパーをセーブ。「これでこの日の流れが決まりました」といい流れをつかみ、8番パー3でバーディを奪取。2アンダーで折り返す。
 後半は12番パー3でバーディが先行。6番ユーティリティで放ったショットはカップまでわずか10cm、もう少しでホールインワンというスーパーショットを見せた。その後は15番で4つ目のバーディを奪取。16番パー3では「クラブの選択ミス」からこの日唯一のボギーを叩き3アンダーでホールアウトした。
 パーオンできないホールも多々あったが、「アプローチのフィーリングが良かったのでしのぐことができました」と得意のショートゲームでスコアを作った宮里。過去の今大会で一番深いラフに加え、この日はピンポジションも難しく「少し疲れました」と苦笑したが、「この大会にはいいイメージがあるので、明日からもティショットでフェアウェイキープを心がけていきたい」と最後は前向きに話した。
 この日宮里と同組で回ったディフェンディングチャンピオン、ヤニ・ツェン(台湾)はショットが安定せず3オーバー54位タイと大きく出遅れ。先週の開幕戦を制した申ジエ(韓国)は2アンダー20位タイにつけている。
【初日の順位】
1位:ステイシー・ルイス(-9)
2位:カリン・イシェール(-6)
3位T:カトリーナ・マシュー(-5)
3位T:エイミー・ヤン(-5)
3位T:インビー・パーク(-5)
3位T:ゲリナ・ピラー(-5)
7位T:ベアトレス・リカーリ(-4)
7位T:ユ・ソヨン(-4)
7位T:リゼッテ・サラス(-4)
10位T:宮里藍(-3)
10位T:宮里美香(-3)他8名
20位T:上原彩子(-2)他5名
26位T:諸見里しのぶ(-1)他
54位T:上田桃子(+3)他
70位:比嘉真美子(+8)
<ゴルフ情報ALBA.Net>