お返しにハグのプレゼント!

写真拡大 (全4枚)

シュワちゃんが日本に帰ってきた!
俳優で、米カリフォルニア州知事も務めたアーノルド・シュワルツェネッガーが、都内で来日記者会見を開くと聞き、いてもたってもいられず取材に行って来た。今回は、10年ぶりに主演復帰を果たした映画『ラストスタンド』のPRのために、プライベートジェットで来日したそうだ。

映画の予告映像が流れた後、舞台の暗幕が落ちる。そして、スモークの中からシュワちゃんが登場! 記者会見の様子は動画共有サービスサイト「ニコニコ生放送」でライブ配信されたようなので、この瞬間に画面は「キター!」の顔文字で埋まっていたかもしれない。

シュワちゃんは現在65歳。『ターミネーター』や『トータル・リコール』に出演した頃に比べれば、顔のしわは増えたが、そのガッチリした肉体はとても65歳のモノとは思えなかった。『コマンドー』吹替版にあったセリフのように、まさに“筋肉モリモリマッチョマン”だ。

それにしても、なぜシュワちゃんはいくつになっても精力的に活動できるのだろうか。そのヒントが会見にあった。「私はひとつのキャリアから、次のキャリアへ進むことを楽しみにしている人間です。子供の頃はボディビルダーになることが夢でした。その夢は叶い、次の夢はムービースターになること。それも叶うと次は、カリフォルニア州知事になりたいと思った。そして今はまた、映画界に戻ってきました。これからは、過去のキャリアを組み合わせて新しい境地を開いていきたい」

やはり夢は人を動かす強いエネルギーとなるのだと、カメラを構える手を休め、聴き入ってしまった。2012年8月には国家政策や外交政策を研究する「南カリフォルニア大学シュワルツェネッガー研究所」を設立している。州知事を辞した現在も政治への関心を失わず、積極的に関わっていきたいと熱く語る姿が印象的だった。

また、スペシャルゲストとして、“霊長類最強女子”ことレスリング日本代表の吉田沙保里が登場。日米最強のツーショットが実現した。

ここでシュワちゃんは吉田沙保里に「私がハリウッドに働きかけるから、アクション俳優をやらないか?」とハリウッドオファー!吉田本人も「よろしくお願いします」と弟子入りを志願していた。豪華アクションスターが共演する映画『エクスペンダブルズ』シリーズに、吉田沙保里が出演する日も近いかもしれない。
(エキサイトニュース編集部 佐藤)

映画『ラストスタンド』は4月27日(土)より全国ロードショー
配給:松竹/ポニーキャニオン
(C)2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

■ 映画『ラストスタンド』公式サイト