黒木瞳といえば、家族や私生活を見せないことで知られる。そんな彼女に、最近こんな情報が流れた。電通勤務の夫I・T氏の昇格話である。
 夫は現在56歳。先日の人事異動で『第7営業局次長』に昇格した。同局は元社長の成田豊氏も歴任した出世部門で、同期の中で一歩早く就任した。今後『局長』を経て『ヒラ取締役』までは昇りつめるとみられている。早大政経学部卒で、実家は外務省幹部が多かった家柄も有利に働いているといえよう。

 そんなI氏、過去に名前が取り沙汰されたことがあった。長女のスキャンダルのときである。 
 「長女は名門A学院中等部に在学中。2年前、同級生にやんちゃを働き問題になった。だがその事件を報じた女性週刊誌等は黒木の“ク”の字も出さなかった。いや、出せなかったのでしょう。電車の中吊りでも『大物女優』という表現が多かった」(某女性誌記者)
 イニシャル化したのも、夫が電通の大幹部であるためだろう。各週刊誌が自粛したのだ。

 ちなみにI氏と黒木が知り合ったのは91年、彼女がガスのCMに出演したときで、その担当者がI氏だったのである。
 「もっとも、いくら夫が裏工作してくれたとはいえ、黒木も心苦しかったに違いない。当時は7本あったCMの多くを降板し、連続ドラマも断った。今年1月からテレ朝系の『おトメさん』に出るようになったが、ひさびさの登場です」(芸能レポーター)

 気になる夫婦仲はどうか。
 「I氏が浮気をし離婚説が走ったことがある。だが、それも40代のときで、いまは適度に仲良しという感じです」(芸能界事情通)

 当面、黒木の醜聞は表面化しないだろう。