広島県東広島市の西条 蔵元で利き酒ができる「醸華町まつり」が開催

写真拡大

広島県東広島市の酒処、西条で、酒蔵の景観を楽しみながら、蔵元で利き酒などができる「春の西条・醸華町まつり」が開催される。

開催日時は3月2日(土)10:00〜15:00まで。

会場はJR西条駅周辺。

当日は、「西条酒造り唄保存会」が酒造り唄を演奏する「オープニングセレモニー」(10:00〜白牡丹酒造延宝蔵)や、酒蔵地区を散策しながら10カ所でボランティアガイドの説明を受けながらスタンプを集める「酒蔵のまちスタンプラリー」が企画されている。

「酒蔵のまちスタンプラリー」は、14:00まで受付。

参加費は大人300円、中学生以下100円。

抽選で完歩賞の授与もある。

また、酒造りの蔵をボランティアガイドの案内で見学する「蔵見学と酒蔵通り巡り」は、09:30〜10:00に受付。

参加費は700円で、定員60名。

その他、ご当地キャラクター「のん太」が紙芝居や写真撮影会などを行う「のん太の紙芝居」を、賀茂輝酒造(12:15〜)、福美人酒造(13:45〜)、くぐり門(14:30〜)で開催。

さらに、時代劇おもてなし隊による寸劇披露や、地産地消フェスティバルが同時開催されるなど、さまざまな催しが用意されている。

なお、現地には駐車場は無いため、公共交通機関を利用する必要があるとのこと。

イベント詳細は東広島市観光協会ブログで確認を。