廃番の万年筆も登場! 三越日本橋本店で「世界の万年筆祭」3/13〜開催

写真拡大

三越 日本橋本店では、3月13日〜18日にかけて「世界の万年筆祭」を開催する。

今回で14回目を迎える同イベントでは、限定商品を3アイテム展開。

国産第1号のボールポイントペンの復刻版と万年筆のセット(1万8,900円)、「ダンデライオン・スリムタイプ万年筆(1万4,700円)、黒柿スタンダード万年筆(2万9,400円)などを販売する。

また、イベント最終日の3月18日には、既に廃番となってしまった入手困難な万年筆などを、数量限定で販売する。

期間中は万年筆に関する様々なイベントも開催。

3月13日〜17日には、万年筆の修理を行う「ペン先職人・長原幸夫のペンクリニック」を実施。

今回はセーラー製品限定で、ひとり1本のみ受け付ける。

時間は10時〜18時(最終日は17時まで)。

世界にひとつだけのオリジナルインクを作る「インクブレンダー石丸治のインク工房」も、3月13日〜17日に行う。

インクブレンダーがそれぞれの好みに合わせて、インクの色を調合する。

販売価格は2,100円。

時間は10時〜18時(最終日は17時まで)。

同イベントは、三越 日本橋本店 本館7階催物会場で開催。