1冊のスケッチブックが世界中を旅行 宮崎駿も参加『スケッチトラベル』展

写真拡大

3月7日(木)より、京都市の京都国際マンガミュージアムにて、国内外の第一線で活躍するアーティスト71人が参加した「スケッチトラベル」プロジェクトの全容を紹介する展覧会『スケッチトラベル』展が開催される。

スケッチトラベルは、「1アーティスト1ページの絵を描いたら、別のアーティストに手渡す」というルールで、1冊のスケッチブックが世界を旅するプロジェクト。『トイ・ストーリー3』のアートディレクター・堤大介と、フランス人アニメーター・ジェラルド・ゲルレのアイデアで始められたこのプロジェクトで誕生したスケッチブックは、2006年から2011年の4年半をかけて世界中を旅した。

同展は、アニメーション、マンガ、イラスト、絵本など、各ジャンルの第一線で活躍するアーティストが参加した「スケッチトラベル」プロジェクトの全貌を紹介する展覧会。宮崎駿、松本大洋、寺田克也、森本晃司、堤大介ほか、『ファイティング・ニモ』『シュレック』『モンスターズ・インク』などを手がけた合計12か国、71人のイラストを堪能できる展覧会となっている。

『スケッチトラベル』展は、2013年3月7日(木)〜6月2日(日)まで、京都国際マンガミュージアム(京都市中京区烏丸通御池上ル)にて開催。開館時間は10:00〜18:00、休館日は水曜日(3月20日、5月1日は開館)、3月21日(木)は休館。入場は無料(ミュージアムへの入場料は別途必要)。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです