先代モデルから5馬力アップ

写真拡大

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は2013年2月22日、ミドルクラスのツーリングモデル新型「F 800 GT」を発売する。メーカー希望小売価格は、139万9000円。

「歯付きベルトドライブ」採用

「F 800 ST」の後継モデルで、排気量798ccの水冷並列2気筒エンジンを搭載し、最高出力は先代モデルと比べ、3.5キロワット(5馬力)向上の66キロワット(90馬力)/8000rpmを発揮する。また、メンテナンスが少なくて済む歯付きベルトドライブを採用し、パワーがリアホイールにスムーズに伝達されるので、「力強く、俊敏なライディング」が可能となっている。

また、最新の2チャンネルABS(アンチロックブレーキシステム、標準装備)や、後輪のスリップを防ぐASC(オートマチックスタビリティーコントロール)、電子調整式サスペンション(ESA)を採用し、安全性と走行快適性を求めた。装備面では、人間工学的に最適化されたハイウインドシールドや、実用性が向上したラゲッジシステムなどを備える。