写真は、「LUMIX DMC-TZ40」(ホワイト)

写真拡大

パナソニックは2013年2月22日、光学20倍ズーム(超解像iAズーム40倍)レンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TZ40」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は4万5000円前後とみられる。

衛星測位システム「GLONASS」対応

約幅108.3×高さ58.9×奥行き27.7ミリのコンパクトボディーに、広角24ミリからの光学20倍ズームの「ライカDC バリオ・エルマーレンズ」を搭載し、レンズにはゴーストやフレアを抑えてヌケの良いクリアな画質を実現するナノサーフェスコーティングを採用した。1810万画素高感度MOS センサー、新開発のヴィーナスエンジンに加え、光学式手ブレ補正も備える。

また「AVCHD Progressive」フルハイビジョンムービーに対応し、動画撮影時は「アクティブモード」や「5軸ハイブリッド手ブレ補正」「傾き補正」により、ブレ補正を強化している。またGPS機能では、ロシア政府が運用する衛星測位システム「GLONASS」に対応させることで、測位時間の短縮と精度向上を実現した。

Wi-Fi機能を搭載し、撮影した写真や動画をスマートフォンやSNSに簡単に転送・シェアできるほか、NFC(近距離無線通信)機能にも対応する。

カラーは、ホワイト、レッド、ブラックの3種類。