(株)サンゲツは、来る3月5日(火)〜8日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて開催される店舗総合見本市「JAPAN SHOP(ジャパンショップ)2013」に出展、商空間を個性的で、魅力あるものに演出するインテリア商材と内装計画のアイデアを提示する。
情報通信の高度化に加え、消費者ニーズの多様化が進む現在、商空間を彩るアイテムには豊かな創造性と高付加価値が求められている。こうした中で同社では、「デザインと機能で演出する商空間」をコンセプトに、トリックアートのような回廊をイメージしたブースを展開し、グラニット、フロアタイル、カーペットタイルなどメンテナンス性や防汚性に優れ、環境にもやさしい床材の数々を展示する。またiPadを活用した新しい床材提案を行う。さらにリアテック、新作壁紙といった壁装材も展示、トータルインテリアにて商空間を演出する。
ブースナンバーは東4・5ホールJS4025。展示規模は108平米。