スズキ、低燃費化技術の採用で33.0km/Lを達成した軽乗用車「アルト エコ」

写真拡大

スズキは20日、低燃費化技術の採用により2WD車は33.0km/L、新たに設定した4WD車は30.4km/Lを達成した軽乗用車「アルト エコ」を、3月4日に発売すると発表した。

価格は90万円から110万円。

今回一部改良された「アルト エコ」は、同社の次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を新採用。

減速エネルギー回生機構「エネチャージ」や「新アイドリングストップシステム」によって燃料消費を抑えている。

また、車両重量を2WD車比で20kg軽量化したほか、エンジン・CVTの高効率化、空気抵抗などの走行抵抗を低減する技術を投入し、2WD車はガソリン車でトップクラスの低燃費33.0km/L(JC08モード走行燃費)を達成。

新たに設定した4WD車を含め、アルト エコの全機種がエコカー減税の免税対象車となった。

外装は専用デザインのフロントグリルをはじめ、シルバーのアクセントを随所に配したほか、内装にはライトグレーとブラウンを基調とし、標準車との差別化を図っている。

電波式キーレスエントリーやリヤシートヘッドレスト(ECO-S)の採用なども行われ、使い勝手や安心感を向上させたとのこと。

エンジンは 0.66L DOHC 吸排気VVTを搭載し、変速機はCVTを採用。

「ECO-L」と「ECO-S」の両機種に、2WD車と4WD車が用意されている。

なお、「アルト」のその他機種についても、軽量化や改良型CVTの採用によりCVT車の燃費を向上したことで、一部機種においてエコカー減税の減税率が向上している。