藤原和博氏らが語る、10年先も食える・戦える・勝てるビジネススキルとは?

写真拡大

オンラインの授業で、経営の学士が取得できるビジネス・ブレークスルー大学(以下・BBT大学)は2月8日、20代、30代のビジネスパーソンを対象とした公開フォーラムを開催した。

同大学は、100%オンラインで経営の学士を取得できる日本初の大学として、2010年4月に開学した。

学長は、経営コンサルタントの大前研一氏。

「経営」「IT」「問題解決能力」「リーダーシップ」「英語」をカリキュラムの柱とし、「教える」のではなく、学生が「学ぶ」のを促す教育を行っている。

また、同校では、MBA、マーケティング、財務、法務といったハードスキルだけでなく、リーダーシップやコミュニケーション力などハードスキルを使うための基礎となるソフトスキル(※)、さらにハードスキルとソフトスキルの中間に位置する問題解決力、それらすべてが合わさることで力を発揮できると考えている。

※ソフトスキルとは、コミュニケーションや文化理解、リーダーシップ、ファシリテーションなど、答えのない複雑な問題を解決するためのスキルを指す。

今回の公開フォーラムは、「専門スキルだけでは足りない! 次世代ビジネスパーソンのための10年先も食える・戦える・勝てるソフトスキル」と題して行われた。

第一部では、東京都で義務教育初となる民間人校長を勤めた藤原和博氏と、BBT大学経営学部教授で、グローバル人事・組織コンサルティングに従事するキャメル・ヤマモト氏が講演を行った。

藤原氏の講演テーマは、「『坂の上の坂』20代、30代の人生戦略のために。

今、最も大事なこと」。

20世紀は成長社会で、ひとつの正解が求められていたのに対して、21世紀は成熟社会だと藤原氏はいう。

現代日本において正解はひとつではなく、自分や他者を納得させることができる答えを導き出すことが必要であり、そのためには「情報編集力」が不可欠とのこと。

藤原氏は「情報収集力」について、状況に合わせて、自分の知識、経験、技術を組み合わせ、さらにほかの人の知識、経験、技術をたぐり寄せて問題解決にあたることと定義している。

つまり、自分ひとりで解を導きだすのではなく、ほかの人の脳までもリンクさせることが情報収集力においては大事だということ。

これはプレゼンテーションにも共通して言える。

なぜなら、プレゼンテーションは相手の頭の中で、映像を描かせて伝えなければならないからだ。

言いたいことを自分の言葉で伝えるだけでは、相手の印象には残らない。

相手のことを良く知り、それにあわせて伝えたいことを編集する。

それを続けることで、信頼関係へと発展していくと藤原氏は説く。

そこで、受講者が二人一組となり、質問し合いながら、お互いの共通点を探るトレーニングを交え、自分のキャラクターを相手に合わせて編集するノウハウを紹介。

例えば、有名人に似ていると言われる人は、「私は○○○○に似ていると言われます」と自己紹介すれば、その人を知っている人には、インパクトを与えることができる。

また、「私はこんなによくしゃべるのに、『静子』という名前なんです」とイメージと逆のことをいうのも有効だという。

相手の反応を見ながら、まずは言ってみる。

うまく行かなくても、回数を重ねること。

そして相手がどのようなことに興味を持ち、知識を持っているかアンテナを張ることで、相手の記憶に残るプレゼンテーションができ、情報編集力が身につくようになる。

また、講演のテーマでもある「坂の上の坂」について、藤原氏は次のように説明した。

司馬遼太郎氏の小説「坂の上の雲」は、明治時代の話。

その時代は、人生のピークで死を迎えることが少なくなかったため、坂の上にある「雲」のことだけを考え、邁進していればよかった。