2月18日、和歌山県白浜町にあるアドベンチャーワールドで、双子のジャイアントパンダの梅浜(メイヒン)ちゃんと永浜(エイヒン)くんが繁殖相手を探すために中国・成都市に旅立つと発表されました。この2頭は2008年9月に生まれ現在4歳。初の日本生まれのパンダを母親に持つ2世として話題になりました。

 今年の秋には5歳になり、パートナーが欲しいお年頃の彼らですが、アドベンチャーワールドには相手がおらず、父・永明の故郷でパートナー探しをすることになったそう。パンダの世界でも婚活は重要なようです。

「婚活」という言葉が使われはじめてからしばらく経ちますが、お見合い、婚活パーティ、街コンと出会いの形態も様々。最近では婚活バスツアーなど何日間もかけて行われるイベントもあり、特に震災以降は婚活女子が増える一方なんだとか。

 書籍『今戸神社 恋の縁結び』の著者で、日本でも有数の縁結びお社・今戸神社の宮司夫人でもある市野惠子さんは"魅力的になるすすめ"として「どんな話題でもいいからお話ができるようになる」ことが重要だと言います。誰かに話しかけてもらえないと話せないのでは、目の前にある"ご縁"を自分のものにするのは難しいとのこと。今戸神社は「縁結びの会」という出会いの場を提供しており、同会から交際が始まり結婚した方も多いそうです。本書にはそれを間近で見てきた市野さんからの"珠玉の縁結びアドバイス"が綴られています。

 また3月20日には、市野さんの娘で神主の智絵さんが落語女子会「らくこのらくご−女の子のための落語−」に出演し、落語女子たちに出張祈祷をするとのこと。昨年ヒットした落語女子アニメ『じょしらく』に始まり落語女子は現在急増中で、落語を聴く女の子「らくこ」がいたるところで生まれているのだといいます。柳家花緑さんや古今亭文菊さんといった有名噺家の落語ライブも聞くことができるので、男性の前で上手く話したい落語女子には縁結びのご利益にもあやかれる前代未聞のイベント! お話スキルとご縁を手に入れたい女性は参加してみると良いかもしれません。

【関連リンク】
らくこのらくご 第三回『ご縁のおはなし』〜縁結び祈祷もやるのら!〜
http://www.rakuco.jp/news/news.htm



『今戸神社 恋の縁結び』
 著者:市野 惠子
 出版社:創美社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
女芸人の「モテないし独身」という価値観は崩壊したのか?
これで飼い主も安心!「犬用のバレンタインチョコレート」があった
安野モヨコさんが漫画『働きマン』を再開しにくい理由


■配信元
WEB本の雑誌