好きな炭酸飲料はなんですか? 日本在住の外国人に聞いてみた!

写真拡大

のどごしのスッキリ感が気持ちいい炭酸飲料。

いろいろ種類がある中で、日本に来ておいしいと思った炭酸飲料や、母国で定番の炭酸飲料について、日本に住む外国人20人に聞いてみました!■ラムネ。

タイではペプシやコカ・コーラが定番です(タイ/女性/30代後半)ガラス玉の音をコロコロと鳴らしながら飲むのが楽しいラムネ! 最近はプラスチック製になってきましたね。

イギリスのレモネードが変化したもので、あの独特なビンの形もイギリス生まれです。

ちなみに5月4日はラムネの日です!■キリンレモン。

母国の定番はりんごの炭酸ジュース(ドイツ/男性/40代前半)こちらも炭酸飲料のロングセラー。

CMソングもおなじみですね。

長い間日本人に愛され続け、今では外国人にも親しまれています! ドイツでは「アプフェルショーレ」という果汁100%りんごジュースの炭酸飲料が定番。

ビール醸造所の失敗作から生み出された、「ビオナーデ」というオーガニック炭酸飲料も人気です。

ボトルがおしゃれ!■C.C. Lemon。

母国ではビール(ギリシャ/男性/30代前半)1994年の発売以来、レモン70個分のビタミンCで消費者の心をしっかりとつかんでいます! レモンに爽快(そうかい)感を感じるというのは、どうやら万国共通。

母国ではビール……。

清涼飲料水の炭酸とビールの炭酸は仕組みが違いますが、シュワシュワ感が魅力であることでは一緒ですね。

■キリンの泡です。

ほかの炭酸飲料は甘すぎ、おいしくない。

母国ではただの炭酸水が定番。

ガスが強くなくて、そのまま飲むとおいしい(デンマーク/女性/50代前半)甘さ控えめがお好みのようです。

大人のくつろぎに照準を定めて開発された「キリンの泡」。

既存の炭酸飲料とはコンセプトが違いますね! デンマークのみならず、海外ではミネラルウォーターというと炭酸水を意味することが多いので、甘くない方が慣れているのかもしれませんね。

■三ツ矢サイダー。

母国の定番はガラナ(ポルトガル/女性/50代前半)飲まれ続けて129年、明治時代から親しまれている「三ツ矢サイダー」! サイダーという響きがまず爽快です。

ポルトガルの定番「ガラナ」は、ドクターペッパーと少し似ています。

喫茶店チェーン「喫茶室ルノアール」の定番メニューとなっていますね。

■カルピスソーダ。

母国ではコカ・コーラ(中国/女性/20代後半)カルピスソーダ、なかなか人気があるようです! 上記のほか、マリ人男性、インドネシア男性からも回答がありました。

欧米では「カルピス」は「カルピコ」となっています。

「ピス」が英語ではスラングだからなんだとか!■メロンソーダ。

母国ではペプシ、ファンタ、コカ・コーラ(ラオス/女性/20代後半)■メロンソーダはおいしいと思う。

母国ではやはりCokeですね(イギリス/男性/40代前半)日本で飲んだ炭酸飲料、今回一番ファンが多かったのはメロンソーダでした! 上記のほか、イラン人女性、シンガポール人男性もお気に入りだそうです。

メロンソーダにアイスクリームを乗せたクリームソーダもおいしいですよね。

飲食店では定番なのに、缶やペットボトルではあまり売られていないのが不思議です。

母国の定番炭酸飲料はコカ・コーラ、と答えた人がたくさんいました。

日本で一番売れている炭酸飲料もコカ・コーラ。

根強く幅広い人気です。

ほかにもジンジャーエール、スプライト、オランジーナなどが人気のようでした。

それにしても、炭酸飲料の種類って本当にたくさんあるんですね。