「Amazon」でSuicaネット決済サービス開始--モバイル・カード式Suicaに対応

写真拡大

東日本旅客鉄道(JR東日本)は19日、総合オンラインストア「Amazon」および「Amazon」姉妹サイト「Javari」にて、Suicaネット決済のサービスを開始したと発表した。

これにより、クレジットカードを所有していない人でも、SuicaやモバイルSuicaを使って、AmazonおよびJavariのオンラインショッピングが利用できるようになった。

決済方法は、モバイルSuica会員(EASYモバイルSuica会員含む)を対象とした「モバイルSuica」と、Suica定期券などカード式Suicaに対応する「Suicaインターネットサービス」の2種類。

なお、「Suicaインターネットサービス」を利用する場合は、パソコンからの事前登録が必須となり、その際、非接触ICカードリーダー/ライター「FeliCaポート/パソリ」が必要となる。

今回のサービス開始に併せて、キャンペーン「AmazonでSuicaを使ってみよう」を実施。

期間中、AmazonまたはJavariにて、Suicaを利用して500円以上購入した利用者の中から、抽選で計550名に総額100万円のSuicaチャージをプレゼントする。

期間とプレゼント人数・金額は、第1弾が19日〜3月25日の期間中、毎週100名に1,000円分。

第2弾が3月26日〜4月29日の期間中、毎週10名に1万円分となる。