左から孫正義、菅野英那(福島県立須賀川桐陽高)、勝又健志(岩手県立金ケ崎高)、佐々木勇士(岩手県立宮古高)、嶋田亮(福島県立須賀川桐陽高)。昨12月6日、ソフトバンク本社にて。(敬称略)

写真拡大

■孫正義に会った日

昨12月、9人の「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」参加者が上京した。いくつかの偶然が重なり、高校生たちは孫正義に会えるかもしれない——となった。勝又健志さん(岩手県立金ケ崎高2年)が当日の状況を語る。

「でも、最初は、やっぱり会えないということになって。ぼくも諦めて、汐留駅からゆりかもめに乗ってビッグサイトに向かったんです。途中まで行ったら堀田さん(注・ソフトバンク復興支援室で「TOMODACHI〜」を担当する堀田真代さん)から連絡が入って、『孫さんと会えることになった』って。菅野くんたちはもう、ビッグサイトの手前まで着いてたんですけど、そこから戻って来た。ほかのひとたちは、もう会場に着いて受付を済ませて中に入ってたらしくて、無理だとなって」

菅野英那さん(福島県立須賀川桐陽高3年)が語る。

「東京国際展示場正門駅の改札を出てすぐのところで、一緒にいた亮くんの携帯に連絡が入って『なんか堀田さんが、孫さんに会えるかもしれないって言ってたよ』って。じゃあ、急いで戻ろうと」

「亮くん」とは、連載第49回目《http://president.jp/articles/-/8280?page=2》郡山編に登場した、菅野さんと同じ高校に通う嶋田亮さんのことだ。

勝又「東京国際展示場正門駅の改札出たところで菅野くんたちと合流して、またゆりかもめに乗って汐留まで戻りました」

この時点で、連載第36回目《http://president.jp/articles/-/8215?page=2》宮古編に登場した岩手県立宮古高1年の佐々木勇士さん(彼も経営者志望だ)も合流している。4人の高校生は汐留の駅を降り、37階建ての東京汐留ビル内にあるソフトバンク本社へと向かう。上層階は高級ホテルのコンラッド東京。オフィスフロアはすべてソフトバンクグループが店子だ。4人は堀田さんと合流し、社員食堂で「作戦会議」に入った。ここでの勝又さんと菅野さんの記憶は少し違う。

勝又「みんなで『どういうふうにやろう』って話し合いして、『やっぱり1人、孫さんに話すひとが欲しいね。じゃあ、孫さんと話したいひと』ってなって、嶋田さんは『俺はぜったい嫌だ。話したくない、駄目だよ』って(笑)。佐々木くんも『ぼくはちょっと駄目』みたいなかんじで手を挙げなくて。ぼくと菅野くんが手を挙げて、ジャンケンでぼくが負けて」

菅野「手を挙げたんですけど、勝又くんも手を挙げて。ただ自分はぜったい話したかったので、2人でしばらく手を挙げてたら、堀田さんが『制服着てる人がいいんだよな』みたいなことを言って」

堀田さんは保管していた旗を食堂に持ってきていた。高校生たちが3週間を過ごしたカリフォルニア大学バークレー校——孫の母校の旗だ。

勝又「アメリカにいたとき、みんなで旗に孫さんへのメッセージを書いたんです。やっぱり生徒が渡したほうがいいと考えて、堀田さんがずっと持ってて。旗は堀田さんから食堂でもらいました。1回広げて『懐かしい』とか確認とかしてないです。そんな時間ないです。みんな急いでて。ぼくは上着と荷物をそのまま食堂に置いたままにして、みんなですぐに食堂を出ました」

広報の有山麻季子さんが合流し、一行は社長室がある階へと上がる。行き先は社長室ではなかった。

勝又「客室みたいなところに全員で入ったんです。部屋はすごいシンプルでした。すごい明るい部屋で、日差しが強くて、下はふつうにいい景色だった」

窓からは東京湾が一望でき、眼下は浜離宮の緑が借景となっている。だが高校生たちが景色を楽しむ暇もなく、孫正義が入って来た。

(小さい!)——これが菅野さんの、孫正義への第一印象だ。4人の中の最年少、宮古から来た佐々木さんは、のちに「街中に一人で歩いていても気がつかないような人です」と第一印象を語っている。

勝又「ドアは開いたままでした。1分も経たないうちに孫さんがすぐ現れて。入ってくるスピードはふつうでした」

4人はソファから立ち上がり、お辞儀をし、座り直す。テーブルを挟んで、孫正義の正面に勝又さん、佐々木さん、嶋田さん。角の席に菅野さん。食堂での打ち合わせどおりに菅野さんが話し始めた。

菅野「自分も起業家になりたいと思っている、孫さんを目標にしているんだということを伝えたかった。それと、アメリカに行ったことで、自分の将来に対しての考えも、モチベーションも強まったので、そのことも伝えたいとを考えていました」

勝又「菅野くんはすごく落ち着いていました。自分は孫さんを超えたい、将来の夢は、孫さんを超えるような社長になることだ。旗の『孫さんへ』って描いたすぐ下にぼくのメッセージが書いてあるんで、ぜひ読んでください——と。なんかすごい、準備できてるなあと思って」

菅野「ぼくが話しているとき、孫さんは真剣な顔でした。ときどき『よかったね』と相槌を打つんですけど、それがほんとうに落ち着いたかんじで、心から言ってくれてるような、すごい優しいかんじでした。『(震災という)ほんとうに辛いことがあったけど、でもこうしてアメリカを体験して、ほんとうによかったね』という、しみじみとしたかんじといいますか」

「代表者」菅野さんの発言が終わる。食堂で立てた段取りでは、ここで旗を渡すはずだった。だが、予定は狂った。

■「振り向くようなひとじゃない」

勝又「菅野くんが話し終わったら、孫さんがぼくを見たんですよ。菅野くんがしゃべっているときは、ずっと菅野くんを見ていて、しゃべり終わったら、パッとぼくのほうを見て。『あっ、これはぼくもしゃべんなきゃいけない』って思って、勇気出して自己紹介しました。ぼくはもともと中国生まれで、日本に来たのが小6で……って、その話をちょこっとだけして。孫さんに会えてほんとうに嬉しいです。アメリカに行けて、孫さんのお陰です。ありがとうございます。ほんとに緊張してるんですみませんとか、そういうことを言って、次の佐々木くんに(笑)」

そのとき、孫正義はどういう表情だったか。

勝又「表情はふつうの顔、笑顔とかぜんぜんなくて。『ああ、そうか、よかったね』って言われて。『で、次』みたいな(笑)。ぼくが中国で生まれてというところは、なにも反応がなかったです(笑)。それ狙いで言ったんで、反応してくれるかなと思ったんですけど、特に何も反応なくて。『そうか、そうか』って、ふつうの顔で」

佐々木さんや嶋田さんがどんな話をしたかは覚えていますか。

勝又「ぜんぜん記憶になくて(笑)。自分が話し終わって、ほっとして、聞いている状況じゃなかった」

4人の自己紹介が終わる。孫正義が話し始めた。Facebook の「TOMODACHI〜」参加者グループに、菅野さんがその日のうちにメモを残している。

《孫さんは主に、ぼくたちがアメリカでの体験を糧に今後どう行動すべきかということについて話をしてくださったのですが、特に印象深かったのは以下の言葉です。

「今回のプログラムも含め、東北の支援にはほんとうにいろんな人が関わっているけれど、きみたちはわたしたちに恩返しをしようなんて考えなくていい。そんなことよりも、きみたちが自分たち自身の夢を叶えて、少しでも多くの人の役に立ち、社会に貢献する人となってくれることをわたしたちは望んでいる。アメリカに行って得た広い視野とか仲間とか、そういったものを大切にして頑張っていってほしい」》

孫正義は返さなくていいと言った。それを聞いて、菅野さんはどう思いましたか。

菅野「『ああ、これでいいんだ』って思えたことは大きいです。もし、そう言われなければ、いつまでも、ソフトバンクありがたいな、孫さんありがたいな——と、恩返しみたいな考えにちょっと縛られてたのかなと思うんです。そうではなく、ほんとうに自分がやりたいことに、この経験をフルに活かせばいいんだということを、すごく思いました」

勝又「孫さんは『あなたたちにお礼をさせに会ったわけじゃない』みたいなことを言ってて。ぼくたちがもっと勉強して、これから世界のトップの人になるような姿を見たい——という話をしていた。じっさい孫さんと話してわかったんですけど、孫さんは何かを返してもらうとかじゃなく、ただ単にぼくたちの成長を見たいんだ、と」

300人が日本を出発するとき、300人がバークレーに集まったとき、もし、孫正義が直接そこにいたとすると、300人は「アメリカに来させてくれてありがとう孫さん」って言いましたか。

勝又「うん、言いますね。言ったと思います」

孫正義は、それは期待していないということなんですね。

勝又「はい。アメリカでの経験を日本に持ってきて活かして、リーダーシップを発揮してほしい、と」

孫正義がそう言ったことで、ある意味、リリース(解放)してもらったような気持ちがありますか。

菅野「そうです。そうですね、あります」

300人の高校生を母校に送り込んだ孫正義は、最後にもう一仕事したのだ。そのとき孫は、どんな表情、どんな口調で話していたのか。

菅野「前に孫さんのプレゼンを見たことがあるんです。そのときは、すごい気合いの入った話し方だった。でも、ニュース番組で震災のことをしゃべっているのを見たときは、落ち着いたしゃべり方で、一言ひとこと考えて話しているかんじがあって。じっさいにお会いしたら、後者の——ニュース番組でしゃべっていたようなかんじでした。笑顔ではないです。孫さんは『ほんとうにきみたちには頑張ってほしい』ということを本気で言ってくれてるような」

勝又「あれ、けっこうふつうにしゃべるんだな、すごいゆっくりめなんだなって思いました。会ったら、ぜんぜんイメージと違ってました。すごい優しいお父さんみたいなかんじで、ゆっくり話してました。目線? 合わせます。孫さんは1人ずつに目線合わせて話す。孫さんの目の底、笑ってなかった気がします、あのとき。ぼくも、目線を合わせて話したほうがいいかなって思って話しました」

話し終わった菅野さんは、残り3人と話す孫正義を見ている。

菅野「印象深かったのが、嶋田くんが『ぼくは英那君と同じ学校に通ってるんですけど……』と言ってぼくを指さしたときなんです。ふつうのひとだったら『英那くんってだれ?』と、指さしたほうを見ると思うんですけど、孫さんはただ嶋田君をずっと見つめてて、ものすごい集中力というか、気迫が伝わってきた。ほんとうに目の前の嶋田くんだけを見て、すごいなと思いました」

孫の発言が終わる。高校生たちが旗を渡そうとする。

勝又「旗は折りたたんだ状態でぼくが持ってました。そこで堀田さんが『社長、バークレーで、みんなでメッセージを書きました』と、きっかけをつくってくれて。ぼくが旗を持って立ち上がって、4人で『旗をつくりました、どうぞ』って広げて、渡しました。立ち上がった孫さんがまず『ありがとう』って言って手を伸ばして旗に触って——」

孫正義と4人の高校生の間で旗が水平に広げられる。

勝又「有山さんだったかな、『写真を撮りましょう』って言って、そのときに孫さんが旗から手を放して、スーッとぼくらの横に並んだんです。写ったとおりの順番なんですよ。孫さんが端っこ。堀田さんが『社長、真ん中のほうがいいんじゃないですか?』って言ったら、孫さんが『だいじょうぶ』って(笑)。そのまま有山さんが首から下げて待ってたカメラでカシャカシャって何枚か撮って」

菅野「堀田さんが『真ん中がいいですよ、社長』って言ってたんですけど、孫さんが『いやいや、ここでいいんだよ』って。堀田さん、何回かそう言ったんですけど、孫さんは頑なにぼくの横にいました。孫さんがぼくの背中に手を置いて、そのまま写真を撮って。背中に手を当ててくれたのは、ほんとうに嬉しかった。で、撮り終わったあと、旗を畳んで手渡ししました。そのあと、みんなでひとりずつ握手して」

勝又「握手はお別れの前にひとりずつですね。握力は、強くはない。軽く握ったぐらいです。あったかかった」

握手が終わり、孫正義が部屋を出て行く。最後に振り向きましたか。

勝又「振り向いていないです。振り向くようなひとじゃないって、あのときぼくも思いました。話していて、それまでのイメージと違うとわかったんで。これは帰るときもすごいクールだろうなって。クールっていっても、冷たいわけじゃないですよ。淡々と? はい、そういうかんじです」

孫正義は高校生たちを解放し、高校生は最初の仕事をやり遂げた。孫は、高校生たちには振り向かなかったが、堀田さんのほうを向いて声をかけた。

菅野「ドアを出て、振り向いて堀田さんを呼んで、『今晩ルース大使とディナーがあるから、君もよかったら』って言って」

「TOMODACHI」は合州国駐日大使館と同国NPO「米日カウンシル」が主催している日米交流プログラム。ソフトバンクがスポンサードする「TOMODACHIサマー2012ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」は、そのなかのひとつ。ソフトバンク1社、孫正義ひとりの意向だけで決め得るものではない。4人の高校生と会ったその夜、孫正義が合州国ルース駐日大使と会食していることは大きな意味を持つ。

2月19日、ソフトバンクは以下のリリースを発表した。

■TOMODACHIイニシアチブとソフトバンクが「サマー2013 リーダーシップ・プログラム」を発表〜東日本大震災で被災した100名の高校生がカリフォルニアでの研修に参加〜| ソフトバンク株式会社

http://www.softbank.co.jp/ja/news/press/2013/20130219_01/

 (完)

(文=オンライン編集部・石井伸介)