『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』などで、個人の資産運用に革命的な示唆を与えプライベートバンクの実情にも詳しい、作家・橘玲氏と『外資系金融の終わり』がベストセラーになっている、藤沢数希氏との初めての対談が実現。金融業界の裏側をセキララに語り合った内容を4回にわたって掲載する。外資系金融の実情を語った第1回に続き、第2回は、日本の金融ビジネスについて。

[参考記事]

●「金融幻想の終わり」を語る!(1)それでも外資系金融は終わらない!?

--------------------------------------------------------

日本の金融機関はグローバル化できるのか?

橘玲(以下、橘) 日本の金融ビジネスはどうなるでしょう。

藤沢数希(以下、藤沢) 日本の銀行は縮こまっちゃってますね。預金を集めて、国債を買って、投資信託を売ったり、借りる必要のない企業にお金を貸すというビジネスに終始している。それでも他国の銀行が沈んできたので、時価総額とか資産規模とか収益性では、上位に来ちゃってますけど。

橘 日本の金融機関にグローバルビジネスは無理ですよね。

藤沢 リーマンブラザーズが潰れたときに、バークレイズと野村證券が買収したんです。バークレイズは同じカルチャーだからうまく吸収してビジネスを拡大させたけど、野村證券はまったくマネジメントができませんでした。野村證券はコテコテの日本企業で、社員は年収700万〜800万円の年功序列。そこに、リーマンブラザーズの人たちが入ってきて、同じ仕事してる外人が年収5000万円とかもらうわけですから。しかも、転職されたら困るというので、元リーマンブラザーズ社員には金融危機前の2007年と同じ額の報酬を2年間保証したんです。すっ高値で掴みましたね。もう、ジャンピング・キャッチ(笑)

橘 野村の社員にしたら、モチベーションが下がりまくりですね。

藤沢 ええ、それでマネジメントができなくなって、野村側の経営陣の報酬もグローバルな水準に近いところまで引き上げたんですよ。日本は東京三菱UFJや三井住友でもトップの年俸は1億円いかないんですけど、野村はそれを5億円くらいまで引き上げた。

橘 野村のトップは2012年、増資インサイダー事件の責任をとって、辞任しましたよね。

藤沢 表向きはそうですが、実際には買収したリーマンブラザーズを上手くマネジメントできなかったり、もともといろいろな問題もあって、増資インサイダー事件がきっかけになったというだけでしょう。それでも自分たちが引き上げて受け取っていた億単位の報酬は返さなくていいんだから、おいしいですよね。まあ、外資系投資銀行のトップには10億円とか20億円とかザラにいるので、それに比べたら少ないですけど。

橘 ものすごい金額ですね。

藤沢 トップというのは自分の子飼いとかを取締役にして、お友達を社外取締役にして、ほとんど自分の報酬を自分で決められるわけで、これだけ高額になると、株式会社のガバナンスとしては少し悪い方向に行き着いちゃってるのかなって感じがします。

橘 「金融機関はほかの製造業に比べて利益率が高い。少人数でたくさん稼いでいるんだから人件費が高くなるのは当然だし、株主にはきちんと配当してるんだからいいだろう」という理屈なんでしょうけど。

藤沢 それよりも、他の銀行の経営者はもっと貰ってるんだから、俺にも払えってことでしょう。

橘 投資銀行は儲かっているんですか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)