『鬼武者』が初のソーシャルゲーム化!『みんなと 鬼武者 カードマスター』配信開始

クルーズ株式会社と株式会社カプコンの共同開発ソーシャルゲーム、『みんなと 鬼武者 カードマスター』がスマートフォン版、フィーチャーフォン版ともにモバゲーから配信開始された。

【関連:「戦国体験 第弐陣」参加登録開始!島根県の武将 「尼子晴久」情報も公開】

 

『鬼武者』は全世界シリーズ累計販売本数790万本を超えるカプコンの大人気アクションゲーム。戦国時代を舞台に青年剣士が敵を倒し、謎を解きながら進んでいく和風剣術アクションで、PlayStation2向けのゲームソフトとしては初のミリオンセラーを記録している。

幅広い世代に根強いファンを持つ本作品だが、ソーシャルゲーム化は本作が初。
本作品は、PCゲームとして配信中の戦国シミュレーションRPG『鬼武者Soul』の世界観を踏襲し、ソーシャルゲームならではのコミュニケーション要素が加えられている。
なお、『みんなと 鬼武者 カードマスター』利用料はアイテム課金制。

『みんなと 鬼武者 カードマスター』